三菱UFJ株が大幅安、北朝鮮の資金洗浄巡り検察が調査と米紙報道

・三菱UFJ株、売り気配で始まる
・制裁対象の企業や個人との取引を回避するための内規の意図的な無視の疑いも

bg_jpy_222384

22日の東京株式市場で三菱UFJフィナンシャル・グループが大幅安。北朝鮮のマネーロンダリングに関して昨年、米検察当局の調査を受けていたとの報道が背景にある。

北朝鮮との国境付近で事業を営む中国の顧客への身分確認を三菱UFJが怠った疑いがあるとニューヨーク州金融サービス局(DFS)がみていると米紙ニューヨーク・タイムズが21日報じた。

さらに、制裁対象の企業や個人との取引を回避するための内規を意図的に無視していた疑いもあるとしている。

三菱UFJは売り気配で始まった後、午前9時31分現在、前日比16.4円(2.58%)安の619.4円で取引されている。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。