鴻海が3000億円超の経費削減か、アルプス電など国内アップル関連株安い

・鴻海株、前日まで4日続落
・ジャパンディスプレイやロームも下げる

bg_apple_ipad_iphone_conference_9878

米アップルの新型「iPhone」の販売が不振であり、同社が全3機種の生産注文を縮小していることが今週に入り伝えられたが、21日には新たな弱気の材料が報じられた。台湾の鴻海精密工業がiPhone関連業務で2019年に29億ドル(約3300億円)の経費削減を計画しているという。

鴻海は電子機器受託生産大手でiPhoneの組み立てを担う。19年は「非常に困難でかつ競争の激しい年」になると鴻海はみている、とブルームバーグが同社の内部メモを引用して伝えた。計画の一環として非技術職部門のスタッフ約10%の削減を検討しているという。

米株式市場でアップルは10月3日の高値232.07ドルから23%超下落している。21日の終値は前日比0.2ドル(0.11%)安の176.78ドル。

一方、台湾株式市場で前日まで4日続落の鴻海はこの日も下げている。日本時間正午現在、前日比0.6台湾ドル(0.85%)安の70台湾ドル。

国内のアップル関連銘柄も総じて安い。前場終値はiPhone向けに液晶を製造するジャパンディスプレイが1円(1.45%)安の68円、アクチュエーターを製造するアルプス電気が56円(2.25%)安の2434円、送受信用制御ICを製造するロームが270円(3.51%)安の7420円。

関連記事:ジャパンディスプレイなどアップル関連株安い 新型iPhoneの生産注文縮小との報道

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。