三井住友FGが年初来安値、銀行株安い 長期金利が3カ月ぶり0.1%割れ

・銀行業、33業種中で最大の下げ
・米FRB副議長が米政策金利は中立金利水準に近づきつつあると発言

BG_dollar_yen_usd_jpy_usdjpy_987987

19日の東京株式市場で銀行株が安い。長期金利の低下を受け、収益改善期待が後退した。銀行業は33業種中、最も下げが大きかった。三井住友フィナンシャルグループが年初来安値を更新した。

三井住友フィナンシャルグループは前週末比90円(2.11%)安の4183円で引けた。一時153円(3.6%)安の4120円まで売られ、10月25日以来、約3週間ぶりに年初来安値を更新した。

その他の主要金融株の終値は、三菱UFJフィナンシャル・グループが12.4円(1.9%)安の639.4円、みずほフィナンシャルグループが2.3円(1.19%)安の190.3円、第一生命ホールディングスが29円(1.41%)安の2032.5。

米国で16日、連邦準備制度理事会(FRB)のクラリダ副議長が、米国の政策金利は中立金利水準に近づきつつあると発言。利上げペースが鈍化するとの見方から長期金利が低下。国債が買われた。

この流れを受け、国内債にも買いが入った。

19日の債券市場で長期金利の指標となる新発10年物国債の利回りは、前週末比0.010%低い0.095%まで低下。8月下旬以降では初めて節目の0.1%を割り込んだ。日銀が7月末、長期金利の変動幅を高める政策修正を実施して以降は、金利は概して0.1%を上回る水準を維持していた。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。