サンバイオなどiPS細胞関連銘柄が高い 京大がiPSからがん攻撃の細胞作製

・ヒトのiPS細胞からがんを発見する能力を高めた免疫細胞「キラーT細胞」を作製
・マウスを使った実験でがんの進行を遅らせることに成功

bg_pharmaceutical_983216

16日の東京株式市場でiPS細胞(人工多能性幹細胞)研究関連の銘柄が高い。京都大iPS細胞研究所などのチームが、iPS細胞からがんへの攻撃力を持つ細胞を作製するのに成功したと発表した。

終値は医薬品のサンバイオが前日比410円(6.06%)高の7180円、大日本住友製薬136円(4.85%)高の2938円、医療機関向け治験支援(SMO)のアイロムグループが217円(9.85%)高の2421円。

同研究所はヒトのiPS細胞からがんを発見する能力を高めた免疫細胞「キラーT細胞」を作製し、マウスを使った実験でがんの進行を遅らせることに成功したと発表した。この研究成果は16日付の米科学誌セル・ステム・セルに掲載される。

iPS細胞関連では、慶応大学がiPS細胞を使って脊髄損傷を治療する同大チームの臨床研究計画を承認したことが13日明らかになっている。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。