インドネシアルピア安、航空業界に再編促す 中銀は追加利上げ

・インドネシア中銀が今年6度目の利上げ
・ガルーダ航空がスリウィジャヤ航空と運航一体化へ

bg_indonesia_trader_1016713

インドネシアルピアの対ドル相場が下落基調を抜け出せずにいる。中央銀行が追加利上げで通貨を下支えする一方、航空業界は再編でコスト増に対処している。

インドネシア銀行(中銀)は15日、0.25ポイントの政策金利引き上げを発表。今年に入り6度目の利上げに踏み切った。

米利上げなどによるルピア安への対処を目的とした今年5月からの利上げ幅は合計1.75ポイントになった。ルピアは10月に年初からおよそ11%安い1ドル=1万5300ルピア台を付けた後、幾分持ち直し、現在は1万4500ルピア台で取引されている。

ルピア安がもたらす弊害の一つである物価高に対処する動きが今週、航空業界でみられた。

国営のガルーダ・インドネシア航空が、国内線3位のスリウィジャヤ航空グループと運航を一体化すると発表したのだ。両社は共にルピア安による燃料費の高騰に悩まされており、とりわけスリウィジャヤはコスト増で業績が悪化していた。再編で効率化を図る。

航空コンサルティグ会社CAPAによると、インドネシア国内線で首位は51%のシェアを持つ格安航空会社(LCC)のライオン航空グループ。2位のガルーダは33%で3位のスリウィジャヤは13%。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。