iPhone販売不振でアップル株が弱気相場入り、TDKや村田製作所安い

・アップル株が10月の最高値から20%下落
・iPhone販売不振で証券会社が投資判断引き下げ

bg_apple_1383545

アップル株価が5日続落。10月の最高値から20%下落した。今年発売したiPhoneの販売不振や、それに伴う証券会社の投資判断の引き下げなどが背景にある。東京株式市場ではTDK村田製作所など国内の部品供給会社が下げた。

米国株式市場での14日のアップル終値は前日比5.43ドル(2.82%)安の186.80ドル。10月3日に付けた最高値の233.47ドルから一時、20%超下落。弱気相場入りの様相を呈した。ただ、年初の水準をまだ10%超上回っている。

UBSは14日、アップルの12カ月間の目標株価を240ドルから225ドルに引き下げた。また、2018年第4四半期のiPhone販売台数を7500万台から7350万台に引き下げ、部品メーカーのルメンタム・ホールディングスの業績見通し下方修正を理由に挙げた。

グッゲンハイムは14日、投資判断を「買い」から「中立」に引き下げ、245ドルとしていた従来の目標株価を取り下げた。

またゴールドマン・サックスは13日、ルメンタムの動向を受け、アップルの目標株価を222ドルから209ドルに引き下げている。

TF International Securitiesに在籍するアップル製品の著名アナリスト、ミンチー・クオ氏は12日付のリサーチノートで、18年第4四半期から19年第3四半期までのiPhone XRの出荷予想を従来の1億台から7000万台に引き下げている。

ルメンタムは前週末、3Dセンシング用レーザーダイオードの大口顧客が出荷を大幅に削減するよう要請したことを理由に2018年10~12月期の業績見通しを引き下げた。

15日の東京株式市場の前場終値はTDKが前日比260円(2.81%)安の8980円、村田製作所が125円(0.74%)安の1万6875円、アルプス電気が15円(0.59%)安の2537円。

関連記事:アップル関連株安い、「iPhone XR」不振との見方 アルプス電とTDK年初来安値

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。