大塚家具、1~9月期は4年連続最終赤字 TKPとの連携強化へ

・大塚家具の18年1~9月期決算は最終損益が30億円の赤字
・店舗スぺースをTKPに貸与へ

bg_data_680021

大塚家具が14日発表した2018年1~9月期決算は、最終損益が30億円の赤字(前年同期は58億円の赤字)だった。大型店の不振などが響いた。同期として最終赤字は4年連続。

営業損益は48億円の赤字(前年同期は40億円の赤字)だった。売上高は12%減の273億円。

18年12月期通期業績は従来予想を据え置き、売上高は前期比8%減の376億円、最終損益は34億円の赤字(前期は72億円の赤字)を見込んだ。

大塚家具は、昨年11月に資本・業務提携し、発行済み株式の7%弱を保有するTKPとの連携を強化。TKPに店舗スぺースを貸し出し、家賃負担を軽減を図る。

TKPはすでに大塚家具から仙台ショールームの一部スペースを借りて貸会議室を展開しており、今後、面積を拡大する方向で大塚家具を協議している。さらに両社は、大塚家具の福岡ショールームの一部をTKPの貸会議室に転換する方向で詰めの調整を行っていると伝えられている。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。