コスモHDなど石油関連株安い トランプ氏のOPEC減産けん制でNY原油60ドル割れ

・13日後場の株式市場でコスモエネルギーHDなど石油関連株や資源関連が続落

・サウジアラビアとOPECが減産しないよう望む、とトランプ大統領

bg_gas_flare_480270

13日後場の東京株式市場でコスモエネルギーホールディングスなど石油関連株や資源関連株が安い。トランプ米大統領が石油輸出国機構(OPEC)の減産をけん制する発言をツイッターに投稿。12日のニューヨーク原油先物市場でWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)期近12月限が11日続落し、終値で節目の60ドルを下回った。

午後1時40分頃の株価はコスモエネルギーホールディングスは前日比185円(4.69%)安の3760円、富士石油は12円(3.16%)安の368円、国際石油開発帝石は45.5円(3.5%)安の1254.5円、石油資源開発は87円(3.57%)安の2353円。

トランプ大統領はツイッターに「サウジアラビアとOPECが減産しないよう望む」、「供給に基づけば、石油価格はずっと低いはずだ」と投稿した。

サウジアラビアはこれより前、来年の日量100万バレルの減産を正当化するのに十分需要は弱いとOPEC加盟国とそのパートナーは確信している、との見方を示していた。トランプ大統領の投稿はこうした動きをけん制するもの。

関連記事:米掘削リグ稼働数が3年半ぶり高水準 来年の米原油増産へ

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。