ATPファイナル、メディア露出でユニクロとナイキに明暗

・B組第1戦は錦織・フェデラーの「ユニクロ・ダービー」
・ナイキは契約2選手が欠場

bg_westminster_1262847

男子テニスで年間成績トップ8が競う今季ツアー最終戦、ATPファイナルがロンドンで開催されている。世界で毎年9500万人がテレビ観戦するこの大会は、選手のスポンサー企業にとってのショーケース・イベントだ。メディア露出では錦織圭(年間成績9位)の繰り上げ出場でユニクロが恩恵を受けた一方、ナイキはウェアを提供する2選手がそろって欠場する不運に見舞われた。

11日のシングルス1次リーグのB組第1戦で、2年ぶり4度目の出場となる錦織圭がスイスのロジャー・フェデラー(同3位)と対戦。上位選手の欠場で繰り上げ出場した錦織が勝利した。この試合は「ユニクロ・ダービー」と呼ばれた。錦織、フェデラーの両選手ともユニクロとスポンサー契約を結んでおり、現在、同社が提供するロゴ入りウェアを着用している。

フィラとアディダスもまた、出場2選手がそれぞれのウェアを着用する。一方、スペインのラファエル・ナダル(同2位)とアルゼンチンのフアンマルティン・デル・ポトロ(同4位)が欠場したことで、ナイキのウェアを着用する選手はゼロ。

米フォーブス誌によると、フェデラーの今年のスポンサー収入は全アスリートでトップの6500万ドル。7月にユニクロと10年間のグローバルブランドアンバサダー契約を結んでいる。米テレビ局はユニクロとフェデラーの契約総額を約3億ドルと報じている。

錦織の今年のスポンサー収入は3300万ドルで、男子テニスではナダルに次ぐ3位だ。

セルビアのノバク・ジョコビッチ(同1位)が2200万ドルで4位。ジョコビッチは今年1月にアシックスとスポーツシューズに関するアドバイザリースタッフ契約を結んでいる。契約額は開示されていない。ジョコビッチはウェアでは仏ラコステと契約している。

関連記事:錦織が「レース・トゥ・ロンドン」で9位 ファイナル出場なら日清・ユニクロに恩恵

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。