スルガ銀、前会長らに賠償提訴 調査委は創業家ファミリー企業への融資の調査継続

・スルガ銀、岡野光喜前会長ら9人に計35億円の損害賠償
・調査委、創業家ファミリー企業に対する融資等の問題について調査継続

bg_japanese_commuters_tokyo_business_district_611143

スルガ銀行は12日、創業家出身の岡野光喜前会長ら旧経営陣9人に計35億円の損害賠償を求める訴訟を静岡地裁に起こしたと発表した。

シェアハウスなどへの不適切融資問題で多額の損失を招いたことによるもの。

連帯請求の範囲は岡野氏、および同氏の実弟で副社長を務めた故喜之助氏がともに35億円。米山明広前社長を含む7人がそれぞれ11億円。

法的責任の有無などは監査役と社外の弁護士らでつくる取締役等責任調査委員会の検討を踏まえて判断した。

一方、同委員会は、創業家ファミリー企業に対する融資等の問題についてさらに調査を継続しており、スルガ銀は追加の調査結果報告を受ける予定だ。

スルガ銀は、創業家のファミリー企業への融資額が488億円、このうち創業家個人への融資額が69億円と公表していた。

関連記事:足立区に「かぼちゃの馬車」70棟、条例改正で違法ビジネス転用防止へ

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。