米当局、ボーイング737MAX型機に耐空性改善命令 ライオン航空機墜落受け

米連邦航空局がボーイング737MAX8型機と9型機に対して「耐空性改善命令」を発令した。インドネシアLCCのライオン航空が保有する737MAX8型機が墜落した事故に関連した措置。

bg_hong_kong_airport_1141832

米連邦航空局(FAA)が7日、ボーイング737MAX8型機と同9型機に対して「耐空性改善命令」を発令した。インドネシア格安航空会社(LCC)のライオン航空が保有する737MAX8型機が先週墜落した事故に関連した措置。

米ボーイングが6日に737MAX型機を運航している航空会社に対し、操縦室の計器に不具合が起きた場合の対応の手順を示した通知を送付したことを受けたもの。

ボーイングによると、インドネシア調査当局は、墜落したライオン航空機に装着されたいたAOAセンサーの1つで入力値が誤っていた形跡があると示唆している。

AOAセンサーは、航空機の空中姿勢の制御に必要なもので、機外に設置されている。この問題は737型機のうち、MAX型機に特有のものとみられるという。

ボーイングはインドネシアに事故調査の専門家を派遣している。

関連記事:インドネシア、ライオン航空の購入計画調査、ボーイング737MAX10型を50機

関連記事:インドネシアが全737MAX型機の検査指示 ライオン航空機墜落で

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。