インドネシア、ライオン航空の購入計画調査、ボーイング737MAX10型を50機

インドネシア運輸省はライオン航空に特別監査を実施しており、この一環として同社の27年までのボーイング737MAX10型機50機の購入計画を調査中だ。

bg_hong_kong_airport_1141832

格安航空会社(LCC)ライオン航空保有のボーイング737MAX8型機の10月29日の墜落後、インドネシア運輸省は同社に特別監査を実施しており、この一環としてライオン航空の2027年までのボーイング737MAX10型機50機の購入計画を調査中だ。

ライオン航空幹部が4日、購入計画の変更を求められればそれに従う意向だと語ったことを現地メディアが伝えた。

当局はこのほか、ライオン航空の運航手順や乗務員資格などを調査している。

ライオン航空便の墜落から1週間が経過するが、海底に沈んだコックピットボイスレコーダーはまだ回収されていない。当局者は4日の会見で、コックピットボイスレコーダーからの信号が同日傍受できなくなったと明らかにした。

一方、1日に回収したフライトデータレコーダーの解析から、墜落した航空機の飛行回数が最後の飛行を含めて19回だったことがわかった。

737MAX型機の墜落事故は今回が初めて。墜落した航空機は今年製造され、8月15日にライオン航空に引き渡された。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。