アマゾン第2本社、ワシントン首都圏か 国防総省に隣接

アマゾンが第2本社候補地として絞り込んだ都市のうち、首都ワシントン近郊のバージニア州クリスタルシティーが最有力候補であることが明らかになった。

bg_amazon_1465667

アマゾン・ドット・コムが第2本社候補地として絞り込んだ都市のうち、首都ワシントン近郊のバージニア州クリスタルシティーが最有力候補であることが明らかになった。米紙ワシントン・ポスト(電子版)が伝えた。11月中にも建設地を正式に発表する見通しで、現在詰めの協議を行っているという。

クリスタルシティーは国防総省(ペンタゴン)やアーリントン国立墓地、ロナルド・レーガン・ワシントン・ナショナル空港が立地するバージニア州北部のアーリントン郡にある。同郡は米統計局の統計上、ワシントン首都圏に含まれる。

同紙によると、アマゾンの候補地選定作業は詰めの段階にあり、郡当局は第2本社建設地としての選定を住民にいかに表するかを検討している。この発表は中間選挙の後から月末までの間に行われる可能性があるという。また、クリスタルシティーの大手デベロッパーが、リース市場に出していた自社物件をアマゾンのために市場から引き揚げたと伝えた。

アマゾンは第2本社として選定した都市に50億ドルの設備投資を実施する計画を発表している。

第2本社建設に関して、クリスタルシティーのほかにニューヨーク、およびテキサス州ダラスと協議が進んでいるとみられていた。

アマゾンのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)は2013年にワシントン・ポストを買収している。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。