LIXIL Gが年初来安値 4~9期最終が赤字転落

1日の東京株式市場前場でLIXILグループが年初来安値を更新。前日発表した2018年4~9月期決算は連結最終損益が赤字に転落した。

bg_tokyo_stock_exchange_1144826

1日の東京株式市場前場でLIXILグループが年初来安値を更新した。10月31日に発表した2018年4~9月期の決算は連結最終損益が赤字に転落した。

午前10時56分現在、前日比203円(11.4%)安の1577円で推移している。一時、1557円の年初来安値を付けた。

LIXILグループの2018年4~9月期の決算(国際会計基準)は、連結最終損益が86億円の赤字(前年同期は128億円の黒字)に転落。国内外での採算悪化のほか、イタリアの建材子会社の会計処理の変更が響いた。

イタリア子会社のペルマスティリーザは、中国企業への売却承認が対米外国投資委員会(CFIUS)から得られず、継続事業として扱うことにより純利益を235億円下押しする影響が生じた。

同社は同日、前身の会社でトップを務めた創業家出身の潮田洋一郎取締役(64)が11月1日付で会長兼CEOに復帰する人事を発表している。

2011年12月のペルマスティリーザの買収を主導したのが潮田氏だった。米トランプ政権が中国に対する強硬な姿勢を一段と鮮明にするなかでの売却承認の申請はタイミング的に不運だったが、今後の方向性について検討を進めているとした同社のペルマスティリーザの扱いが注目される。

潮田氏のCEO就任に伴い、瀬戸欣哉社長兼CEO(58)はCEOを退任。19年4月1日付で社長も退任する。後任社長には社外取締役の山梨広一氏(64)が就任する。

関連記事:LIXIL Gが下落率トップ、業績予想を大幅下方修正 伊子会社売却にストップ

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。