IBMがLinuxのレッドハット買収へ クラウド強化でAWSやグーグルに対抗

IBMがレッドハットの買収で合意した。クラウド分野の市場シェアで先行するアマゾンやグーグルとの差を縮めることが狙い。

bg_ibm_1325314

米IBMがソフトウェアメーカーの米レッドハットの買収で合意した。Linuxを使用するクラウドサービスでトップクラスのシェアを持つレッドハットを取り込むことで、クラウド分野の市場シェアで先行するアマゾンやグーグルとの差を縮めることが狙い。

金額は334億ドル(約3兆8000億円)。IBMにとって過去最大の買収となる。両社は今年6月に協力関係の強化に踏み切り、クラウド基盤の共通化などを図ってきた。

クラウド分野の市場シェアでIBMはアマゾン、マイクロソフト、グーグルの後塵を拝している。米調査会社のCanalysの推定によると、2018年第2四半期のクラウド・プロバイダーのトップ3は前述大手が展開するAWS、Microsoft Azure、Google Cloud。市場シェアはそれぞれ31%、18%、8%だ。

同期のクラウドインフラの市場規模は前年同期比47%増の200億ドル。

IBMはレッドハットの全発行済み株式を1株190ドルで取得する。26日のレッドハット株終値は116ドル68セント。

買収手続きは19年中に完了する見通し。レッドハットは買収完了後もIBMのクラウド子会社として存続するという。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。