インドネシアLCCのライオン航空機墜落、今夏使用開始のボーイング737MAX8

インドネシアのLCC、ライオン航空の乗客・乗員189人を乗せた旅客機が29日墜落した。機材はボーイング737MAX8型機。

bg_hong_kong_airport _1141840

インドネシアの格安航空会社(LCC)ライオン航空の乗客・乗員189人を乗せた旅客機が29日、ジャワ海に墜落した。同機はジャカルタからパンカルピナンに向かっていた。

ライオン航空の発表文によると、機材はボーイング737MAX8型機。今年製造され、8月15日から使用していた。

インドネシア国家捜索救助庁によると、墜落したJT610便は離陸の13分後に交信が途絶えた。午前6時20分にジャカルタを出発し、パンカルピナンには同7時20分に到着する予定だった。

同国国家運輸安全委員会によると、墜落の原因はまだ特定されていない。米メディアによると、ボーイング広報担当者は事故の調査で技術的な支援を提供する準備があると語った。

ライオン航空はインドネシア最大の非上場航空会社。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。