ユーロ上値重い イタリア予算案巡るEUとの対立警戒

イタリア予算案を巡り、同国とEUの対立が深まっている。これを警戒し、ユーロは主要通貨に対し上値重く推移している。

bg_italy_flag_1493347

イタリア予算案を巡り、同国とEUの対立が深まっている。これを警戒し、ユーロは主要通貨に対し上値重く推移している。

欧州連合(EU)の執行機関、欧州委員会は23日、イタリアの2019年予算案について、EUと合意した財政規律からの重大な逸脱がみられるとして、これを差し戻した。欧州委が加盟国に予算案を差し戻すのは初めてのこと。11月13日までの再提出を求めた。

イタリアは財政赤字の対国内総生産(GDP)比率を2.4%に膨らませる予算案を策定。EUが定める3%以内に収まっているものの、今年の目標である1.8%からは大幅な拡大となり、EUが高債務国に求める段階的な赤字削減に逆行する。

イタリアのコンテ首相は23日、予算案の変更を拒否し、修正に応じない姿勢を明らかにした。修正を拒めば、欧州委は制裁発動のための手続きに入る。

イタリアの公的債務残高はGDP比で131%に上り、ユーロ圏内でギリシャに次ぐ。GDPの規模でドイツ、フランスに次ぐイタリアの債務不安がユーロ圏全体に広がりかねないとの懸念は強い。

米格付け大手ムーディーズ・インベスターズ・サービスは19日、イタリアの国債格付けを投資適格水準として最低の「Baa3」に1段階引き下げた。あと1段階下がれば投機的水準となる。

24日午前の東京市場でユーロ・円は129円付近で取引されている。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。