ソフトバンク、日経平均マイナス寄与度最大 サウジ皇太子との連携で

23日の東京株式市場で日経平均株価に対するマイナス寄与度でソフトバンクが最大となった。ファンド運営でサウジ皇太子と連携していることが背景にある。

bg_nikkei_chart_1481147

23日の東京株式市場で、日経平均株価に対するマイナス寄与度でソフトバンクが最大となった。サウジアラビアの著名記者ジャマル・カショギ氏の殺害にムハンマド皇太子が関与しているとの見方が強まるなか、ファンド運営で皇太子と連携するソフトバンクが売られた。

ソフトバンクの終値は前日比2.93%安の9157円。日経平均を30円67銭押し下げた。

サウジの脱石油構想を掲げる皇太子が会長を務めるのが政府系ファンドのパブリック・インベストメント・ファンド(PIF)。規模は3000億ドル超とされている。

17年に発足したソフトバンクの「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」にPIFは450億ドルを出資しており、さらに450億ドルを追加出資する方針が報じられている。

記者の失踪が伝えられた後、ビジョン・ファンドへの潜在的なリスクを理由にソフトバンクは低迷。同社の首脳は、ビジョン・ファンドへの影響を判断するには時期尚早との見方を示しているという。

ムハンマド皇太子が主催する経済フォーラム「未来投資イニシアチブ」(FII)が23日にサウジで始まる。皇太子失脚の可能性も一部でささやかれるなか、有力政治家や経営者が参加見合わせを表明。PIFが35億ドルを出資する大口投資先である米配車大手ウーバーテクノロジーズのダラ・コスロシャヒ最高経営責任者(CEO)もその一人だ。

さらに、PIFが最大200億ドルの拠出を約束しているインフラファンドを運営するブラックストーン・グループもフォーラムへの不参加を明らかにしている。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。