アシックス、イニエスタと契約 世界ブランドとの格差縮小狙う

アシックスがJ1神戸のイニエスタとアドバイザリースタッフ契約を締結。サッカーの世界ブランドとの差を縮めるべく、有名選手と契約して事業を強化する。

bg_england_football_366761

アシックスは22日、サッカーのJ1神戸に所属する元スペイン代表のアンドレス・イニエスタとアドバイザリースタッフ契約を締結したと発表した。サッカーの世界ブランドとの差を縮めるべく、有名選手と契約して事業を強化する。

スパイクシューズなどアシックスのスポーツ用品の使用、商品に対する開発面でのアドバイス、広告やカタログ、ポスター、インターネットなどによる宣伝・販促活動への協力などが契約に含まれるという。10月1日に始まったこの契約の金額は明らかにされていない。

19年間のキャリアを通じてナイキのスパイクでプレーしてきたイニエスタは、9月に入り試合でナイキとは異なるスパイクを着用して話題になっていた。

これに先立ち、ミズノが9月、元スペイン代表でJ1鳥栖に所属するフェルナンド・トーレスとブランドアンバサダー契約を締結している。トーレスは以前はアディダスのスパイクを着用していた。

2016年の世界スポーツメーカーの売上高はナイキが首位で343億5000万ドル。2位はアディダスの203億ドル。アシックスは5位で34億1000万ドル、ミズノは6位で16億8000万ドル。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。