日本が競争力で5位に浮上 首位は10年ぶり米国

WEFが発表した2018年版「世界競争力報告」で日本が5位となった。香港を抜き、アジア太平洋でシンガポールに次ぐ2位。

bg_tokyo_1368531

世界経済フォーラム(WEF)が17日発表した2018年版「世界競争力報告」で日本が5位となり、昨年の9位から上昇。健康の項目で最高評価を得た。また、米国が10年ぶりに首位に返り咲き、9年連続で首位だったたスイスは4位に沈んだ。

日本は香港を抜き、アジア太平洋でシンガポールに次ぐ2位。長寿を強みに健康で首位にランクされている。携帯電話やインターネットなどの普及を評価する情報通信技術(ICT)の採用では3位。また、鉄道・道路などのインフラで5位、イノベーションの能力で6位につけた。一方、マクロ経済の安定性や労働市場の多様性などで評価が伸び悩んだ。

米国は活発な起業文化や労働市場、金融システムが高い評価を得ている。一方、健康が47位と低迷した。

総合順位はトップから順に米国、シンガポール、ドイツ、スイツ、日本の順。このほかのアジア太平洋の国・地域は香港が7位、台湾が13位、韓国が15位、中国が28位。

WEFは政治家や主要経営者が集う「ダボス会議」を主催する団体。今回から起業文化や労働市場の多様性などを重視するべく、評価方法を変更した。調査対象は140の国と地域。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。