サウジ記者殺害疑惑、原油供給に影響も

原油供給懸念に新たな材料が加わった。サウジ記者殺害疑惑は相場に影響を及ぼしかねない出来事だ。

bg_oil_pump_331569

サウジアラビアによる同国著名記者ジャマル・カショギ氏殺害疑惑が、高値水準にある原油相場を下支えする可能性がある。

15日のニューヨーク原油先物相場の期近11月限は前週末比0.44ドル高の1バレル71.78ドルで終えた。原油相場は今月に入り、4年ぶりの高値水準となる70ドル台後半まで上昇し、その後も堅調に推移している。

トランプ米大統領が11月上旬までのイラン産原油の輸入停止を各国に呼び掛けていることや、ベネズエラの経済混乱を背景とする原油輸出の減少などにともなう供給ひっ迫感がこれまでの相場上昇をけん引してきた。

こうした相場の支援材料に、サウジ記者の殺害疑惑が加わった。複数の米メディアは15日、サウジ政府がこれまでの立場を翻し、トルコ・イスタンブールのサウジ総領事館内で殺人があったことを認める検討をしていると伝えた。これに先立ち、トランプ大統領はサウジ政府が関与したことが判明すれば厳罰を科す考えを示している。

イラン産原油の禁輸を求めるトランプ大統領は、原油価格の安定に向けてサウジに対しては原油増産を求めていた。米国が対サウジ制裁に踏み切れば、両国の関係悪化は避けられず、今後の原油供給を危惧する見方が市場に広がるだろう。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。