「VIXドロップ」の舐め過ぎに注意?

米国ウィークリー 2019/4/16号

  • S&P500対象のオプション取引ボラティリティ(変動率)を元に算出されるVIX(恐怖指数)が4/12に11.95まで低下し、年初来安値を更新した。 
  • 先週の米国株市場は、4/5の雇用統計で「適温相場」継続による株価上昇期待が強まる内容だったが、4/9にIMF(国際通貨基金)が世界経済見通しで今年の成長率予測下方修正を受けて世界経済の先行き不透明感が拡がったことから4/11にNYダウで26,062ドルまで下落した。ところが、4/12には2019年1-3月期の決算発表を受けて金融株中心に株価上昇、今後更なる好決算期待から26,436ドルまで上昇し、10/3最高値26,951ドルまで残り僅か1.9%となった。ウォルト・ディズニー(DISJPモルガン・チェース・アンド・カンパニー(JPMを始め、NYダウの年初来上昇率13.2%と比較して出遅れ感があった主要銘柄の水準訂正も要因であろう。
  • VIXはNYダウが最高値を付けた昨年10/3の安値が11.34、同1月安値が8.92、同8月安値が10.17である一方、先週時点でVIXの純ショート(売り残)枚数は16.4万枚に達し、昨年8月・10月の水準を上回って同1月以来の高水準となった。現時点から株式相場に安心感が高まってVIXが低下すれば投資家の心理は更に一層楽観的となりがちであるが、逆に気を引き締めるに越したことはないだろう。現時点からのVIX低下(VIX Drop)を侮らないように注意したい。(なお、市販されている喉飴には「かまずにゆっくり溶かしてください」、「1個ずつ舐めてください」と注意書きがあることを付記しておく。)
  • ただし、目先の警戒が必要とはいえ、それが暴落に繋がると見るのは早計だろう。トランプ大統領も「FRBは適切に仕事をしていなかった。もしそうしていれば米株価はさらに5,000-10,000ポイント上昇していただろう」、「量的引締めとは真逆のことをすべきだった!」とツイートし、FRBが適切に仕事をしていたらGDP伸び率は3%でなく4%を優に超え、しかもインフレはほとんど起きなかっただろうとも指摘した。トランプ大統領の推す2名がFRB理事に指名される方針でもあり、VIXが昨年2月(高値50.30)や昨年12月(高値36.20)の水準まで跳ね上がることは想定しにくい。仮に悲観に振れて調整があるとしても、株価の持続的上昇に必要な押し目の深浅度合いを図るという意味合いで考えておくべきだろう。
  • 日本株ではお馴染みの「5G関連」テーマに関して、米国でもトランプ政権が5Gの競争に本腰を入れ、FCC(連邦通信委員会)が地方通信インフラ改善に200億ドル(約2.24兆円)超を投じる方針を示した。関連銘柄に要注目。(笹木)
phillip_fig_weekly_April16th_2019_01
phillip_fig_weekly_April16th_2019_04

S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(4/12現在)

phillip_fig_weekly_April16th_2019_03
phillip_fig_weekly_April16th_2019_02

■主な企業決算 の予定

●4月16日(火):ジョンソン・エンド・ジョンソンバンク・オブ・アメリカユナイテッドヘルス・グループ、コメリカ、ブラックロック、プロロジス、プログレッシブ・コープ、ネットフリックス、CSX、IBMユナイテッド・コンチネンタル・ホールディングス

●4月17日(水):USバンコープ、ペプシコバンク・オブ・ニューヨーク・メロン、カンザスシティー・サザン、モルガン・スタンレー、キンダー・モルガン、ペンテア、アボットラボラトリーズ、テキストロン、トーチマーク、SLグリーン・リアルティ、クラウン・キャッスル・インターナショナル、Eトレード・ファイナンシャル、ユナイテッド・レンタルズ

●4月18日(木):キーコープ、ダナハー、シチズンズ・フィナンシャル・グループ、シュルンベルジェハネウェルインターナショナル、PPGインダストリーズ、シンクロニー・ファイナンシャル、リージョンズ・ファイナンシャル、ジェニュイン・パーツ、BB&T、サントラスト・バンクス、トラベラーズフィリップ・モリス・インターナショナル、スナップオン、ドーバー、アメリカン・エキスプレス、ピープルズ・ユナイテッド・ファイナンシャル、インテュイティブサージカル

■主要イベントの予定

●4月16日(火)

中国新築住宅価格(3月)

・上海モーターショーのプレスデー(17日まで、一般公開は18-25日)

・ダラス連銀総裁、講演

鉱工業生産(3月)、NAHB住宅市場指数 (4月)

●4月17日(水)

・中国 GDP (1-3月) 、小売売上高、工業生産、固定資産投資 (3月)

・インドネシア大統領・議会選挙

・フィラデルフィア連銀総裁、セントルイス連銀総裁講演

地区連銀経済報告(ベージュブック)、貿易収支(2月)、卸売在庫 (2月)

●4月18日(木)

・債券市場は午後2時までの短縮取引

・アトランタ連銀総裁、講演

小売売上高(3月)、新規失業保険申請件数(4月13日終了週)、景気先行指標総合指数 (3月)、企業在庫 (2月)、フィラデルフィア連銀製造業景況指数 (4月)

●4月19日(金)

・香港市場、米国市場、欧州市場は祝日のため休場

・住宅着工件数 (3月)

(Bloombergをもとにフィリップ証券作成)



【レポートにおける免責・注意事項】
本レポートの発行元:フィリップ証券株式会社〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町4番2号
TEL:03-3666-2101 URL: http://www.phillip.co.jp/
本レポートの作成者:フィリップ証券 リサーチ部
公益社団法人 日本証券アナリスト協会検定会員 国際公認投資アナリスト 笹木和弘
公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員補 増渕透吾
当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提 供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の 見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身 の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害につ いても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じま す。
<日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項> 本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありません。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。 無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IG証券の株価指数CFD

  • 主要指数の24時間取引が可能
  • 世界約30種類以上の株価指数を提供
  • 株価指数をバイナリーオプションで取引

リアルタイムレート

  • FX
  • 株式CFD
  • 株価指数CFD

※上記レートは参考レートであり、取引が保証されるものではありません。株式のレートは少なくとも15分遅れとなっております。

モーニングメール

ストラテジストによる「本日の予想レンジとトレンド」を毎朝※無料でお届け中! ※メール送信は基本的に月~金の平日を予定しておりますが、ストラテジストの都合により予告なく送信を行わない日がございますので、予めご了承ください

弊社の個人情報保護方針・アクセスポリシーにご同意の上、申し込みください。

こちらのコンテンツもお勧めです

IG証券はお取引に際してお客様がご負担になるコストについて明確な情報を提供しています。

FX/バイナリーオプション/CFDのリーディングカンパニー。IG証券について詳しくはこちら

その日の重要な経済イベントが一目でわかるカレンダー。「予想値」、「前回値」、「発表結果」データの提供に加え、国名や影響度によるイベントのスクリーニング機能も搭載。