変容する米国市場とドル円/ユーロドルのポイント

bg_chart_470658

Market Analysis
3日の米長期金利は9月13日以来となる2.966%まで低下。一方、米株は主要3指数が上昇した。株高にもかかわらず長期金利が低下した事実は、FEDの金融政策スタンスの変化(=利上げペースの鈍化もしくは早期打ち止め)を米債市場が敏感に感じ取っていることを示唆している。米中貿易摩擦の後退と米長期金利の低下は、米株のサポート要因となろう。事実、ボラティリティ(VIX)は警戒水準である20ポイント以下のレベルへ低下し、S&P500 指数はボックスレンジ(2,600-2,820)の上限を視野に続伸している。だが、現在の米国市場の状況はドル円のトレンド予測を難しくする。従来の「株高/金利上昇」ならば、ドル円は上昇トレンドを維持するだろう。だが、現在は「株高/金利低下」の局面にある。この状況下では「米ドル売りvs円売り」のせめぎ合いとなり、ドル円の上昇圧力が抑制されよう。本日もオファーが観測されている114.00レベルが上値の攻防分岐となるだろう。米株高が長期金利の反発要因となっていない現状では、114円前後での反落を常に警戒したい。だが、米株が再び上昇局面へ転じていることで、下値も堅い展開が想定される。攻防分岐はビッドが観測されている113.00。112円台へ下落しても、ビッドが断続的に観測されている112円後半(112.80 / 112.70 / 112.60)で押し目買いが入る展開を想定している。

一方、ユーロドルは、ドル円以上に金利差に反応する展開が続こう。本日は重要な米指標データの発表やFEDスピーカーの講演等は予定されていない。昨日の動向が継続することを想定し1.1400の突破となるか、この点に注目したい。「米長期金利の低下→米独利回り格差の縮小」の局面でも1.1400すら突破できない状況が続けば、6日以降の米指標データが良好な場合、1.13割れをトライする展開を想定したい。1.1405から1.1425にかけては断続的にオファーが観測されている。一方、1.1300にはビッドの観測あり。

【チャート①:米長期金利/米株ボラティリティ(VIX)】

VIX US 10 years yield 米10年債利回り ボラティリティ

【チャート②:ドル円】

ドル円 USDJPY

【チャート③:ユーロドル】

EURUSD ユーロドル

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。