ユーロドルは1.13トライ ドル円は反発基調を想定

Market Summary
14日の海外外為市場はユーロと円に対して米ドルが上昇した。この日の米国市場がリスク選好相場(=株高/金利上昇)となったことを受け、ユーロドルは安値1.1328まで下落する局面が見られた。一方、ドル円は50日MAの突破に成功すると、高値111.31まで上昇した。
米株は主要3指数が上昇した。トルコリラを含めこの日の主要な新興国通貨が対ドルで堅調に推移したことを受け、投資家のリスクセンチメントが回復。米長期金利の上昇も好感され、S&P500指数は前日比18.03ポイント高の2,839.96で終了。ナスダック総合指数も3営業日ぶりに反発し、前日比51.189ポイント高の7870.895で終えた。NY原油先物9月限は米ドル高が意識され、前日比0.16ドル安の1バレル=67.04ドルと小幅に続落。一方、NY金先物12 月限は値ごろ感から買戻し優勢の展開となり、前日比1.8ドル高の1トロイオンス=1200.7ドルで終えた。

bg_data_723293

Market Analysis
14日の新興国通貨は対ドルで堅調に推移した。一方、株式市場は東南アジアの各株価指数の下落が目立ったが、主要な新興国の株式市場は総じて上昇した。CBOEのEMERGING MARKETS ETFボラティリティも18.34ポイントまで低下している状況を考えるならば、トルコリスクが新興国市場へ伝染するコンテイジョンリスクはひとまず後退している。しかし、トルコに対するエクスポージャーが高い南欧金融機関の株価が下落基調にある点を考えるならば、このリスクが完全に後退したわけではない。「トルコリスク→欧州金融機関リスク→ユーロ売り→さらなる米ドル高」となれば、トランプ陣営による突発的な米ドル高けん制発言を警戒すべきであるし、また欧州金融機関のリスクが欧州株式全体の重石となり、その影響が米株に波及するシナリオも警戒しておくべきだろう。

本日のユーロドルは下値トライを想定したい。上述した通り、欧州金融機関のリスクが完全に払しょくされない限り、欧州株式の上値は抑制されよう。また、独連邦債への需要が増すことで米独利回り格差も拡大傾向を辿るだろう。これら市場の動きがユーロ売り要因となることで、次のサポートポイント1.1300を視野に下落幅の拡大を意識したい。このレベルにはビッドが観測されている他、すぐ下の水準1.1290にはプロジェクション61.80%が位置している。一方、短期的な調整(=ユーロの買戻し)が入る場合は、10日MA(1.1494前後)の突破が焦点となろう。
本日のドル円は反発基調の維持を予想する。50日MAおよびレジスタンスポイント111.20の突破に成功したことで、次のターゲットは21日MA(111.37前後)となろう。このMAの突破にも成功する場合は、8月3日高値111.81および同月1日高値112.14を上値ターゲットと想定したい。これら3つのターゲット前後にはオファーが観測されている。一方、目先の下値ターゲットは、昨日安値110.58となろう。110円ミドル割れの要因として警戒すべきは、トランプ陣営によるトルコへの追加制裁や突発的な米ドル高けん制発言となろう。


【チャート①:南欧銀行株(8月以降)】

EU banking sector

【チャート②:ユーロドル】

EURUSD ユーロドル

【チャート③:ドル円】

ドル円 USDJPY

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。