ドル円110円トライを警戒

Market Summary
25日の海外外為市場は、「米ドル売り/円買い」優勢の展開となった。週明けの米国市場は政治リスクを意識した「株安/金利低下」の展開に。ドル円は米国市場の動向を受け安値110.25まで下落する局面が見られた。一方、ユーロドルは1.1438まで上昇した。
米株は主要3指数が下落した。米国経済に対する先行き不透明感が高まる中、22日午前0時に米連邦予算が失効。一部の政府機関で閉鎖が始まり、この状況が年明けまで続く可能性が高まったことで投資家のリスクセンチメントはさらに悪化。この日最も下落したダウ平均は前週末比653.17ポイント(2.91%)安の21,792.20と、2017年9月以来の水準まで下落した。S&P500指数とナスダック総合指数も同比2%超の下落となった。

bg_chart_505846

Market Analysis
海外勢はクリスマス休暇入り。外為市場はレンジでの売り買いが交錯する展開が想定される。しかしドル円は、国内外の株式次第で節目の110.00トライを警戒すべきだろう。週明けの米株のボラティリティ(VIX)は36ポイントレベルまで急騰。原油価格が低迷する中、米株の先行き不透明感がさらに高まる状況では長期金利の反発は期待できない。それは日本株も同じである。日米株式の下落が続く限り両国の利回り格差も縮小傾向をたどるだろう。通貨オプション市場ではドルプット(円コール)の需要が急速に高まり、リスクリバーサルは急低下中。上述したマーケット動向に対する警戒レベルが上昇していることを示唆している。節目の110.00にはビッドが観測されているが、下方ブレイクする場合は、さらに下値トライのムードが高まろう。109円台で最初に注視すべき下値のポイントは、8月21日安値109.76である。だが、現在の状況ではストップハンティングを警戒する必要がある。フィボナッチ・プロジェクション161.80%の水準にあたる109.05のトライを意識しておきたい。109円台の維持にも失敗するならば、5月安値108.10を視野に下落幅が拡大しよう。一方、調整の反発局面では21日高値111.45の突破が目先の焦点となろう。

ユーロドルは、1.1300-1.1500のレンジ内で売り買いが交錯する展開を想定している。通貨オプション市場ではリスクリバーサルが緩やかな上昇トレンドを維持。21日MAにサポートされている状況も考えるならば、1.13ブレイクとなっても短期サポートラインで反転する展開を想定している。だが、ユーロ圏のファンダメンタルズを考えるならば、ユーロ買い需要が急速に高まる状況にはない。この点はユーロコールの動向が示唆している。つまり、米ドル売りのみではユーロドルの上昇幅は限られるということだ。今週も1.1450以上での反落リスクを警戒したい。1.1490および1.1500にはオファーが観測されている。

【チャート1:ドル円】

USDJPY ドル円

【チャート2:ユーロドル】

ユーロドル EURUSD

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。