引き続き米株にらみの展開

Market Summary

18日の海外外為市場は、円買い優勢の展開となった。この日、主要な海外の株価指数は総じて下落。典型的なリスク回避相場を受け、外為市場ではクロス円を中心に円高圧力が高まった。クロス円の下落に追随し、ドル円は安値111.95を付ける局面が見られた。一方、リスク回避相場の下では新興国通貨売りが高まった。対米ドルで最も下落したは景気後退局面にある南アフリカランド(下落率1.47%)。次いでメキシコペソとなった(同1.41%)。トランプ米大統領が強権的な国境閉鎖に言及したことでペソ売り圧力が高まった。
米株は主要3指数が下落した。中国の株安と通貨安、米国/サウジアラビア間の緊張そしてイタリアの財政問題が重なり、ダウ平均とS&P500指数は前日比1%超下落。一方、ナスダック総指数は金利先高観が重石となり、同比2%超下落して引けた。国際商品市況ではNY原油先物11月限が、前日比1.10ドル安の1バレル=68.65と続落。米国の原油/石油製品の在庫増とリスク回避相場が相場の重石となった。一方、NY金先物12 月限は米ドル高よりもリスク回避相場の方に反応し、前日比2.7ドル高の1トロイオンス=1230.10と反発して終えた。

BG_DAX_stock_market_trader_98098

Market Analysis

低下傾向にあったVIX指数は18日、20ポイント台へと再上昇した。リスク回避圧力が後退する局面で20ポイント前後を右往左往する状況は、3月から4月にかけボラティリティが上昇した局面でも発生した。米株安定化にはまだ時間が必要だが、良好な四半期決算が米株の安定化に寄与するというベースシナリオに変更はない。また、原油価格が1バレル=70ドルの水準を割り込んだことで、原油高に連動していた米金利の上昇圧力も一時的にせよ後退するだろう。米金利の低下はハイテクセクターのサポート要因となろう。

本日のドル円も株式にらみの展開となろう。注視すべきは米株の動向だが、反発局面では21日MA(112.93前後)を視野に上昇幅の拡大を想定したい。一方、冴えない米四半期決算となれば、111円台の攻防を想定したい。このケースでは米国の政治リスク(サウジアラビア/メキシコとの政治的緊張)および中国リスクの方が強く意識されよう。下値の攻防分岐は、3月安値104.55を起点とした短期サポートライン(111.80前後)。このラインを下方ブレイクする場合、次のターゲットは直近高値114.54からの61.80%戻し111.59となろう。112.70から113.00にかけては断続的にオファーが観測されている。111.90-80および111.60-50のゾーンにはビッドの観測あり。
一方、ユーロドルは米金利の動向にトレンドが左右されよう。現状、原油安により米金利に対する上昇圧力は一時的に後退中。このタイミングで米株安が続けば、米独利回り格差の縮小を背景にユーロドルは反発しよう。だが、イタリアの財政リスクが重石となり、上昇幅は限定的となろう。本日の上値攻防分岐は10日MA(1.1521前後)と想定。一方、米株が反発する場合、米金利には上昇圧力がかかろう。この展開では米独利回り格差の拡大を意識したユーロ売り/ドル買いを想定。下値の攻防分岐は10月9日安値1.1429となろう。1.1430および1.1400にはビッドがそれぞれ観測されている。

【チャート①:VIX指数(米株ボラティリティ)】

chart1_20181019

【チャート②:ドル円】

chart2_20181019

【チャート③:ユーロドル】

chart3_20181019

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。