今週の焦点:米中貿易摩擦の動向と各中銀イベント

Weekly Outlook
今週の外為市場は、米ドル相場の売り買いが交錯する展開を想定したい。良好な米国のファンダメンタルズと国際貿易摩擦を背景とした米ドル高をベースシナリオとしつつ、ECBおよびトルコ中銀の各イベントを米ドル高圧力の後退要因として意識したい。上記の中銀イベント以外で注視すべきは、英国中銀イベントおよび米国イベント(=対中関税第3弾の動向 / 指標データ / FEDスピーカーの言動)となろう。
今週のドル円のレンジは109.50-112.00を想定。一方、ユーロドルの想定レンジは1.1400-1.1750。

BG_stock_market_trader_Frankfurt_DAX

Market Analysis
8月米雇用統計で賃金の上昇圧力が高まっていることが判明。減税効果も考えるならば、米国の個人消費が拡大基調を維持する可能性が高いことを示唆する内容となった。雇用統計の結果を受け米長期金利は2.95%まで急騰し、外為市場は米ドル買いとセオリー通りの反応だった。堅調な労働市場に加え、対中関税第3弾に対する警戒心が高まっていることも考えるならば、今週の米ドル相場は対主要通貨で底堅い展開を維持しよう。最も注視すべきはユーロドルの動向だろう。現在は、21日MA(1.1553レベル)が下値の攻防分岐となっている。ユーロプットの需要がにわかに高まっている状況を考えるならば、このMAの完全な下方ブレイクおよび1.1500トライを意識したい。一方、ユーロドルが反発するならば、13日のECBイベントおよびトルコ中銀イベントの内容次第だろう。前者の注目点は、経済/インフレ見通しとなろう。不透明な国際貿易摩擦の動向とトルコ情勢を受けて尚、ECBサイドが将来の見通しに強気のスタンスを示すならばユーロを買い戻す圧力が高まろう。このケースでは、10日MA(1.1623レベル)および1.1660レベル(9月6日高値)の突破が焦点となろう。これらレジスタンスポイントの突破は、1.17トライのシグナルと想定したい。だが、ユーロドル下落の根底にあるのは、米欧ファンダメンタルズの格差とそれに伴う金融政策のコントラストである。これらが解消されない限り、ユーロドルの反発は一過性で終息しよう。一方、後者のトルコ中銀イベントは利上げが焦点となろう。トルコ中銀は高インフレに対抗するため、利上げを実施する公算が高い。実際それに踏み切れば、市場はトルコリラ買いを仕掛けよう。トルコリラの上昇は他の主要な新興国通貨のサポート要因となり、それに伴い米ドル高圧力も後退しよう。だが、直近の対米ドルでのリラ買いは、利上げについて市場がある程度意識していることを示唆している。また、低金利政策を好むエルドアン氏が国のトップにいる限り中銀の独立性に対する懸念が残る。よって、ECBイベントと同様に、トルコ中銀イベントも一過性の米ドル高圧力の後退要因として意識したい。

ドル円は引き続き株式、特に米株にらみの展開となろう。良好な米ファンダメンタルズと国際貿易摩擦に対する思惑が交錯することで、今週の米株は売り買いが交錯する展開を想定したい。米株高局面でのドル円は、短期レジスタンスラインおよび111.80のレジスタンスポイントを視野に上昇幅が拡大しよう。一方、米株高の調整局面では110.00トライを想定したい。だが、対中関税第3弾の動きが加速する場合、リスク回避圧力が高まる展開を警戒したい。このケースでは109.50レベルまでの下落を意識したい。

【チャート①:ユーロドル】

EURUSD ユーロドル

【チャート②:ドル円】 

ドル円 USDJPY

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。