焦点は米四半期決算と雇用統計

Market Summary
1日の外為市場は、米ドル売り優勢の展開となった。冴えない指標データを背景に米長期金利が低下したことに加え、この日は米中両首脳による電話協議が貿易摩擦解決の糸口になるとの期待感が高まり、且つBREXITリスクが後退。これらの要因が重なり、オセアニア通貨および英ポンドに対して米ドルの下落幅が拡大した。米ドル売りの影響は重要サポートポイント1.1300をかろうじて維持しているユーロドルにも波及し、高値1.1424まで急伸する展開が見られた。一方、ドル円は112.59まで米ドル安が進行した。
米株は主要3指数が上昇した。この日発表された米中首脳の電話協議と好決算が相場の押し上げ要因となった。VIX指数は警戒水準とされる20ポイント以下まで低下した。国際商品市況では、NY原油先物12月限が前日比1.62ドル安の1バレル=63.69ドルと4日続落。米原油在庫の増加基調が引き続き相場の重石となった。一方、NY金先物12 月限は対ユーロでの米ドル安を好感し、前日比23.6ドル高の1トロイオンス=1238.6と急反発した。

BG_trader_NYSE_stock_market_-090-9

Market Analysis
「冴えないISM製造業指数→米長期金利低下→米ドル安」の展開は想定通りだったが、米株は冴えない指標データよりも米中貿易摩擦に対する懸念の後退と好決算の方が意識され続伸した。米株のボラティリティ(VIX指数)はようやく警戒水準の20ポイントを下回る状況に。良好な四半期決算と指標データが投資家のセンチメント改善を促している現状を考えるならば、本日の企業決算(エクソンモービル / シェブロン)および10月雇用統計は重要イベントとなろう。より注視すべきは雇用統計である。今期の決算では、良好な決算内容が必ずしも米株高要因として意識されない局面が見られた。その理由は、先行きに対する不透明感が主要企業で意識され始めたためである。米国経済の持続的な成長はこの不透明感を払拭する唯一の材料であり、これ(=堅調な米国ファンダメンタルズ)が崩れない限り、もしくはその懸念が高まらない限り、10月のような下落局面が再来しても結局は反発するという、これまでのパターンが続こう。

本日のドル円は、米雇用統計発表前までは112円台での売り買い交錯相場を想定。NFPと平均賃金の市場予想はそれぞれ19.0万人 / 3.1%(前年比)。賃金の堅調な伸びが確認される場合、米経済のエンジンである個人消費の持続的な拡大に対する期待感が高まろう。よって、NFPが若干市場予想を下回っても米株は反発基調を維持する公算が高い。米国市場がリスク選好相場(=株高 /金利上昇)となる場合、ドル円は113円台への再上昇を想定したい。上値の攻防分岐は10月31日高値113.38。この水準を突破する場合、113.50を次の上値ターゲットと想定している。一方、「冴えない雇用統計→米株反落→米長期金利の低下」の局面では111.70台までの下落を想定したい。
ユーロドルも米雇用統計次第でトレンドが左右されよう。良好な指標結果のケースでは再び1.1300を視野に下落幅の拡大を想定する一方、NFPと平均賃金が市場予想を下回るケースでは「米長期金利の低下→米独利回り格差の縮小」による反発基調を維持しよう。このケースでの上値ターゲットは、短期レジスタンスラインと並行している21日(1.1463)となろう。

【チャート①:米株ボラティリティ(VIX)】

VIX指数 恐怖指数 ボラティリティ

【チャート②:ドル円】

ドル円 USDJPY

【チャート③:ユーロドル】

ユーロドル EURUSD

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。