米株への依存度が増すドル円

1月のFOMCでパウエルFRBはさらにハト派スタンスを鮮明にしてきました。米長期金利の低下とそれに伴う米ドル相場の下落は想定の範囲内でした。一方、米株は将来の先行き不透明感よりも金融政策リスクの後退に反応。ドル円のトレンド(特に反発トレンド)はますます米株の動向次第という状況になってきました。詳細はマーケットレポートをご参照ください。

????????? ??? ???? S&P 500 ??

Analysis Highlights

・米株への依存度が増すドル円

29日の海外外為市場は米ドル売りの展開となった。この日のFOMCでパウエルFRBは予想通り政策金利の据え置きを決定。声明文では、FF金利のターゲットレンジ関する将来的な調整についてFEDは辛抱(忍耐)強くなれる(=the Committee will be patient as it determines what future adjustments to the target range for the federal funds rate)とし、昨年12月会合で示した年2回の利上げ予測を棚上げする可能性を示唆してきた。また、バランスシートの縮小戦略についても経済動向に応じて修正していくことを示唆。この決定は、資産縮小ペースの減速および早期終了の可能性を市場に意識させた。FEDがハト派スタンスをさらに鮮明してきた主因は、中国や欧州経済の減速傾向にある(パウエルFRB議長)。海外リスクに対する警戒レベルを引き上げざるを得ない情勢であることをFEDが認めたことで、今年の米長期金利は低下圧力に直面し続けよう。長期金利の低下は米ドル安圧力につながろう。実際、昨日のFOMCイベントを受け想定通り「米長期金利→米ドル下落」の展開となった。しかし、筆者の予測とは逆に米株は、海外リスクよりも金利上昇リスクの後退に反応した。S&P500 指数は短期レジスタンスラインを突破し、テクニカル面でさらなる上昇シグナルが点灯している。この状況はドル円の上値水準がさらに米株に依存する状況に陥ったことを意味する。持続的な米株の反発基調を巡る次の焦点は、米中通商協議となろう。このイベントに関する焦点については1月30日のレポート「FOMCと米中通商協議」を参照されたし。

【チャート1:S&P500】

S&P500 米株

・ドル円は株式にらみ ユーロドルは1.15台の攻防シフトを意識

本日のドル円のトレンドは、株式動向に左右されよう。FEDがさらにハト派スタンスを鮮明にしたことで世界的に米ドル安圧力が高まり易い状況にある。このような状況の下、米中通商協議に関して新たなネガティブ報道が発信される場合、米株に再び調整の反落圧力が高まろう。このケースでは、108円台の攻防シフトを想定したい。テクニカル面では1月4日安値107.50を起点とした短期サポートライン(108.67前後)の維持が焦点となろう。米株の下落幅が拡大する場合は、このラインのブレイクおよび108.00トライを警戒したい。108.80、108.50および108.00にはそれぞれビッドが観測されている。一方、米株が反発基調を維持する場合は109.80レベルを上限と想定し、上値の水準を探る展開となろう。

ユーロドルは「米長期金利の低下→米ドル安」にサポートされ、1.15台の攻防へシフトする展開を想定している。テクニカル面では、昨日上値をレジストしたリトレースメント76.40%の水準1.1503の突破が焦点となろう。このレベルの突破に成功する場合、次のターゲットは長い上ヒゲが示現した1月11日高値1.1540を想定。この水準をも突破する展開となれば、10日高値1.1570を視野に上昇幅の拡大を意識したい。一方、下値の焦点は21日MAの維持で変わらず。このMAは今日現在1.1400で推移している。

【チャート2:ドル円】

USDJPY ドル円


【チャート3:ユーロドル】

ユーロドル EURUSD

関連記事

リアルタイムレート

  • FX
  • 株式CFD
  • 株価指数CFD
売値
買値
更新時間
変動値
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
売値
買値
更新時間
変動値

※上記レートは参考レートであり、取引が保証されるものではありません。株式のレートは少なくとも15分遅れとなっております。

モーニングメール

ストラテジストによる「本日の予想レンジとトレンド」を毎朝※無料でお届け中! ※メール送信は基本的に月~金の平日を予定しておりますが、ストラテジストの都合により予告なく送信を行わない日がございますので、予めご了承ください

こちらのコンテンツもお勧めです

IG証券はお取引に際してお客様がご負担になるコストについて明確な情報を提供しています。

FX/バイナリーオプション/CFDのリーディングカンパニー。IG証券について詳しくはこちら

その日の重要な経済イベントが一目でわかるカレンダー。「予想値」、「前回値」、「発表結果」データの提供に加え、国名や影響度によるイベントのスクリーニング機能も搭載。


本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありません。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。 無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。