ドル円 米株ともに不安定な展開を想定

Market Summary
27日の外為市場はユーロ買い優勢の展開となった。この日の米株は反落スタート。株安が意識され、長期金利には低下圧力が高まった。米金利の低下に伴いユーロドルは高値1.1455まで上昇する局面が見られた。一方、ユーロクロスも総じて上昇する展開に。特にオセアニア通貨に対するユーロ買い圧力が目立った。ドル円は、米国市場のリスク回避相場を受け110.44まで下落。しかし、終盤に米株が急伸したことで111円台を回復するという忙しない展開となった。
米株は主要3指数が続伸した。反落スタートとなるも値ごろ感を意識した買い意欲は根強く、終盤に急上昇する展開に。ダウ平均は前日比260.37ポイント高の23,138.82で終了。S&P500指数は同比21.13ポイント高の2,488.83で引けた。国際商品市況では、NY原油先物2月限が前日比1.61ドル安の1バレル=44.61と反落。不安定な米株の動向が相場の重石となった。一方、NY金先物2 月限は対ユーロでの米ドル安が意識され、前日比8.1ドル高の1トロイオンス=1281.1で引けた。

USDJPY ドル円

Market Analysis
米株は続伸、ボラティリティ(VIX)は低下傾向にある。米株の下落圧力後退は長期金利に対する低下圧力の緩和要因となる。事実、米10年債利回りは米株の反転に伴い2.7%の水準をかろうじて維持している。だが、27日のレポート「株式動向に左右されるドル円」で指摘したとおり、良好な指標データと企業決算を確認するまで、米株は上下に振れる不安定な展開が続くだろう。目先、注視すべきは前者(指標データ)である。昨日の12月消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)は128.1と市場予想(133.5)を大きく下回り、2か月連続の低下となった。特に雇用の見通しでは、今後6カ月に雇用が増えると回答した比率は16.6%と、前月の22.7%から大きく低下した。堅調な労働市場がFEDの強気な経済見通しの土台となっている。それだけに労働関連指標で冴えない内容が続けば、先行き不透明感が意識され米株の上値を抑制しよう。次に注目すべき労働関連指標は来年1月4日の雇用統計(2018年12月)となろう。

本日のドル円は、昨日同様売り買いが交錯する展開を想定している。米株の下落圧力は後退しているが、VIXが未だ29ポイント台で推移しており、投資家のリスクセンチメントは改善していない。よって、常に反落リスクを警戒したい。110円前半(短期サポートライン以下)では押し目買いを意識する一方、111.40レベルでは上値が抑制される展開を想定している。昨日下値をサポートした110.40にはビッドが観測されている。110.10から110.00にかけてもビッドの観測あり。111.40-50にはオファーが観測されている。
ユーロドルは引き続き1.1300-1.1500のレンジ相場で売り買いが交錯しよう。1.1450レベルでの売り圧力の強さは健在。このレベル以上では反落リスクを警戒したい。1.1470および1.1490-1.1500ゾーンにはオファーが観測されている。一方、下値は1.1340をサポートポイントと想定し、本日もこのレベル前後で反転する展開を意識したい。下方ブレイクしても、1.13前半の押し目買い意欲にサポートされよう。1.1340から1.1330および1.1310から1.1300にかけては断続的にビッドが観測されている。

【チャート1:ドル円】

ユーロドル EUSUD

【チャート2:ユーロドル】

EURUSD ユーロドル

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。