絞られてきた目先のリスク要因

FEDの政策転換、良好な米国の指標データ、そして決算シーズンを無難に通過した現状を考えると、目先注視すべきリスク要因はひとつに絞られた感があります。詳細はマーケットレポートをご参照ください。

Analysis Highlights

・絞られてきた目先のリスク要因

5日の海外外為市場は、対円&ユーロで米ドル買い優勢の展開となった。米株は上昇基調を維持。一方、米長期金利は冴えないISM非製造業景況指数の結果を受け上昇が抑制されるも、株高を背景に2.7%台の水準を維持した。ドル円は110.03まで上昇する局面が見られた。一方、ユーロドルは1.1397まで米ドル高が進行した。本日は日本時間午前にトランプ米大統領による一般教書演説が予定されている。対中政策および「国境の壁」の建設で強気のスタンスを示す場合、日米の株式は利確の売りに圧される可能性がある。だが、そのような状況となっても現在のリスク選好トレンドを変化させるインパクトはないだろう。
5日のレポート「改善傾向のリスクセンチメント」でも指摘したとおり、現在は米株のみならず主要な新興国株式も株高基調を維持している。FEDの金融政策リスクは完全に後退し、米国のファンダメンタルズに対する懸念も1日の重要指標データでひとまずテーマから外れている。さらに決算シーズンも無難に乗り切ったことを考えるならば、現在のリスク選好相場を逆転させる唯一のリスク要因は、米中通商協議である。ムニューシン米財務長官とライトハイザーUSTR代表は、来週初めにも中国の北京で協議を開催する予定である。2月下旬に予定されている米中首脳会談の地ならし協議となることは明白であり、この件についてネガティブな報道があれば、米株をはじめとした株式市場はひとまず調整の反落圧力に直面する可能性があろう。株式市場の上値が抑制される場合、米長期金利は再び低下基調を辿ろう。米ドル相場は金利の動向に連動し、売り圧力が高まる展開を想定している。

【チャート1:S&P500 / VIX】

S&P500 VIX


【チャート2:ドル円】

USDJPY ドル円


【チャート3:ユーロドル】

ユーロドル EURUSD

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありません。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。 無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

リアルタイムレート

  • FX
  • 株式CFD
  • 株価指数CFD

※上記レートは参考レートであり、取引が保証されるものではありません。株式のレートは少なくとも15分遅れとなっております。

モーニングメール

ストラテジストによる「本日の予想レンジとトレンド」を毎朝※無料でお届け中! ※メール送信は基本的に月~金の平日を予定しておりますが、ストラテジストの都合により予告なく送信を行わない日がございますので、予めご了承ください

こちらのコンテンツもお勧めです

IG証券はお取引に際してお客様がご負担になるコストについて明確な情報を提供しています。

FX/バイナリーオプション/CFDのリーディングカンパニー。IG証券について詳しくはこちら

その日の重要な経済イベントが一目でわかるカレンダー。「予想値」、「前回値」、「発表結果」データの提供に加え、国名や影響度によるイベントのスクリーニング機能も搭載。