BREXITを巡る次の焦点はEU首脳会議

英国議会は「離脱日(3/29)延期」を採択。事前に想定されたシナリオに落ち着きましたが、まだまだいばらの道が続きます。BREXIT 問題の次の焦点は?BREXIT以外に英ポンド相場に影響を与える要因は?今日のマーケットレポートをご覧ください。

Analysis Highlights

・BREXITを巡る次の焦点はEU首脳会議

英国議会は14日、EU離脱日(3月29日)の延期を可決。「No deal BREXIT(合意なき離脱)」を回避した時点で「延期決定を想定→英ポンド買い」の展開となっていたことから、この日の英ポンドは対米ドルで反落した。しかし、米長期金利の上昇が抑制されたこともあり、フィボナッチ・プロジェクション61.80%の水準(1.3207)でサポートされた。BREXITを巡る次の焦点は、来週21-22日に開催されるEU首脳会議である。延期には全加盟国(27か国)による承認が必要となる。また、EU懐疑派が台頭する中、5月23~26日に欧州議会選挙が開催されるタイミングを考えるならば、EUサイドが英国サイドに対し、おいそれと甘い顔を見せることができない状況にある。よって、英国サイドとしてはEUサイドを納得させるだけの説明が求められる。延期が承認される場合、英ポンドにとって短期的にはポジティブ要因である。しかし、6月末までと想定される延長期限までに英国とEU双方が合意できるかどうかは未だ不透明である。このため、今後3か月間の英ポンドはこの問題を巡り上下に振れる不安定な展開が続こう。
英ポンド相場に影響を与えるもうひとつの要因が、米長期金利の動向である。現状、2.60%付近で低下圧力が後退しているが、各インフレ指標が市場予想を下回ったことを考えるならば、FEDが再びタカ派スタンスへ転じる可能性は後退している。株高は金利低下圧力の要因である。だが、2019年に入り両市場のパフォーマンスかい離が見られる状況を考えるならば、持続的に金利を上昇させるだけの影響力はない。それ(持続的な金利の上昇)が発生するためにはFEDがタカ派スタンスへ舵を切るため材料、つまり良好な指標データが条件となる。本日は2月鉱工業生産、3月NY連銀製造業景気指数そして同月ミシガン大学消費者態度指数速報値が発表される。結果次第で米金利の動向が左右されよう。

【英ポンドドルチャート】

GBPUSD 英ポンド/米ドル

・ドル円、ユーロドルともに米指標データにらみ

今日のドル円は米指標データにトレンドが左右されよう。日米株には上値の重さが感じられるが、大きく崩れる材料は見当たらない。よって、冴えない米指標データが続いても110.70の維持を想定する。テクニカル面では相場をサポートしている21日MA(111.19レベル)の攻防が焦点となろう。一方、米指標データが総じて市場予想を上回る場合は上値トライを想定する。上値の水準は米金利の動向次第で決定されよう。本日の焦点は、今月5日高値112.12の突破となろう。111.90から112.00にかけてはオファーが観測されている。
ユーロドルも米指標データと米独利回りの動向次第で上下に振れる展開を想定する。米独利回り格差が拡大すれば、1.12台の攻防を想定。1.1290-80および1.1250にはビッドが観測されている。逆に米独利回り格差が縮小する場合は、1.1340の突破が焦点となろう。直近2日はこのレベルで相場がレジストされた。この水準を突破する場合は、89日MA(1.1366)トライが次の焦点となろう。1.1345上にはストップが観測されている。1.1360から1.1380にかけては断続的にオファーの観測あり。

【ドル円チャート】

USDJPY ドル円


【ユーロドルチャート】

ユーロドル EURUSD

リアルタイムレート

  • FX
  • 株式CFD
  • 株価指数CFD
売値
買値
更新時間
変動値
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
売値
買値
更新時間
変動値

※上記レートは参考レートであり、取引が保証されるものではありません。株式のレートは少なくとも15分遅れとなっております。

モーニングメール

ストラテジストによる「本日の予想レンジとトレンド」を毎朝※無料でお届け中! ※メール送信は基本的に月~金の平日を予定しておりますが、ストラテジストの都合により予告なく送信を行わない日がございますので、予めご了承ください

こちらのコンテンツもお勧めです

IG証券はお取引に際してお客様がご負担になるコストについて明確な情報を提供しています。

FX/バイナリーオプション/CFDのリーディングカンパニー。IG証券について詳しくはこちら

その日の重要な経済イベントが一目でわかるカレンダー。「予想値」、「前回値」、「発表結果」データの提供に加え、国名や影響度によるイベントのスクリーニング機能も搭載。


本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありません。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。 無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。