今週の焦点:米株の底打ち感を確かめる週

Weekly Outlook
今週の外為市場では、米ドル相場の売り買いが交錯する展開を想定したい。22日は感謝祭で米国の株式と債券市場が休場、23日は日本が祝日(勤労感謝の日)となり米国はブラックフライデーで短縮取引き(株式と債券市場)となる。週後半は動意の薄い展開が想定される。米ドル相場の動向は、長期金利の動向に影響されよう。その米長期金利は株式にらみの展開となろう。今週の米株は、米中貿易摩擦と良好な米国のファンダメンタルズ、どちらの要因にヘッジファンド勢が反応するか、この点にトレンドが左右されよう。今週のドル円は111.50-114.54、ユーロドルは1.1200-1.1500をそれぞれ想定レンジとする。

bg_stock_market_trader_dax_098987987

Market Analysis
米ドル相場のトレンドを示すドルインデックスは、短期サポートラインを視野に下落中。この主因は米長期金利の低下にある。原油価格が低迷する中、長期金利の反発は米株次第となろう。その米株だが、週後半は動意の薄い展開が想定される。よって、注視すべきは週前半の動向だが、まずはAPECで露呈した米中対立に対する週明けの米株の反応となろう。この問題は基本的に米ドル買い要因である。しかし、現在はそれが「米株安→長期金利の低下」圧力を高める要因となり、その結果、米ドル高の調整圧力へつながっている。よって、週明けの米株が米中対立を意識するならば、米ドル高の調整が続く展開を想定したい。だが、この点が意識されてもヘッジファンド勢の動向次第で米株は底打ち感を高めよう。解約・換金にかかわる「45日ルール」が過ぎたことで、今週以降ヘッジファンド勢が新たな米株のポジション構築に動くだろう。その過程で、焦点は再び米国のファンダメンタルズへシフトしよう。ヘッジファンド勢の米株に対する強気スタンスをサポートする上で重要な材料が指標データとなろう。今週、特に注視すべきは個人消費との関連性が高い20日の住宅関連指標となろう。総じて市場予想を上回る場合、「米株高→米長期金利の反発→米ドル高」の展開を想定したい。

ドル円は、引き続き米株にらみの展開となろう。日足チャートでは標準誤差回帰分析バンドの下限をトライ中。テクニカル面では反発するタイミングにある。良好な米指標データとヘッジファンド勢のポジション再構築により米株が底打ち感を強めるケースでは、114円を再び目指す展開を想定したい。これを達成する場合、最大の注目点は10月高値114.54となろう。逆に米中貿易摩擦が引き続き米株の重石となる場合は、111.50レベルで推移している短期サポートライン(111.50→111.65)のトライを警戒したい。114.54からのリトレースメント61.80%が、今週このサポートラインとクロスする。
一方、ユーロドルは21日MAを大陽線で上方ブレイクしたことで、1.15を目指すムードが高まっている。だが、ADXとDMIは現在の反発相場に勢いがないことを示唆。米株と長期金利が反発する場合、短期レジスタンスラインもしくは1.1450レベルでの反落を警戒したい。一方、下値の焦点は1.1250の維持となろう。このレベルの下方ブレイクは、重要サポートポイント1.1210トライのシグナルとして警戒したい。

【チャート①:ドルインデックス/米長期金利】 

Dollar index ドルインデックス US T-bond treasury 米10年債利回り

【チャート②:ドル円】

ドル円 USDJPY

【チャート③:ユーロドル】 

EURUSD ユーロドル

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。