市場は次の材料待ちムード

市場は次の材料待ちムードとなっています。その材料ですが、今週注目すべきは主に4つあります。どれも米国市場および米ドル相場を大きく変動させる可能性があります。詳細はマーケットレポートをご参照ください。

????????? ??? ?? ??????? ???? ??????????

Analysis Highlights

・市場は次の材料待ちムード

28日の海外外為市場は円買い優勢となった。この日の米株は冴えない企業決算を受け主要3指数が下落。株安を受け長期金利にも低下圧力が高まったことで、ドル円は安値109.14まで下落する局面が見られた。クロス円も総じて円買い優勢で推移した。引き続き米株が米ドル相場のトレンドを左右する展開が続こう。その米株のトレンドは①企業決算、②指標データ、③FOMC、④米中貿易交渉(今月30~31日予定)の報道に左右されよう。①についてはハイテク&製造業セクターの決算を注視する必要がある。半導体大手エヌビディアは、中国経済の悪化を理由に11~1月期予想の売上高を前年同期比24%減の22億ドルに引き下げた。同じく建機大手キャタピラーもマクロ経済や地政学的な不透明感を意識し19年12月期通期の1株利益予想を11.75~12.75ドルとし、市場予想の12.73ドルよりやや慎重な見方を示した。アップルをはじめとした主要企業の決算で貿易摩擦の影響が色濃く出るならば、米株の反発圧力は後退しよう。このケースでは米長期金利の反発圧力も後退することから、米ドル相場は売り優勢の展開を想定している。②については2月1日の指標データ(雇用統計/ISM製造業景況指数)が重要となろう。この点については当日のレポートで分析する。③についてはバランシート(4兆ドル規模)の縮小計画が焦点として浮上している。筆者がより注視しているのは、パウエルFRBの景気見通しである。この点については明日のレポートにて。そして④については、ベースシナリオ(中国が輸入拡大やハイテク技術をはじめとした米国の知的財産権の侵害を止めると表明するケース)とリスクシナリオ(中国が一切譲歩をしないケース)の両方を考えておくべきだろう。この点についても③と同じく明日のレポートで分析する。

・ドル円 / ユーロドルともにレンジ相場を想定

本日のドル円は、108円後半から109円後半のレンジで売り買いが交錯する展開を想定している。米株の反発圧力が後退し、リスクリバーサルは低下基調にある。意識すべきは109.00トライとなろう。この水準にはビッドが観測されている。米株の動向次第では108円台の攻防シフトを警戒。だが、VIXが警戒水準の20ポイント以下で推移している状況を考えるならば、リスク回避圧力が高まっているわけではない。108円台へ下落しても、108.70レベル(1月17日安値108.67)もしくは短期サポートラインで反転すると想定している。一方、上値の焦点は今月18日以降、レジスタンスポイントとして意識されている109.80レベルの攻防となろう。この水準ではオプションバリアの攻防を想定している。
ユーロドルは1.14台を中心とした売り買い交錯相場を想定している。上昇基調へ転じていることを考えるならば、意識すべきは直近高安のリトレースメント61.80%の水準1.1461となろう。一方、下値の焦点は21日MA(1.1416)の維持となろう。1.1450および1.1480にはオファーが観測されている。

【チャート1:ドル円】

USDJPY ドル円


【チャート2:ユーロドル】

ユーロドル EURUSD

関連記事

リアルタイムレート

  • FX
  • 株式CFD
  • 株価指数CFD
売値
買値
更新時間
変動値
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
売値
買値
更新時間
変動値

※上記レートは参考レートであり、取引が保証されるものではありません。株式のレートは少なくとも15分遅れとなっております。

モーニングメール

ストラテジストによる「本日の予想レンジとトレンド」を毎朝※無料でお届け中! ※メール送信は基本的に月~金の平日を予定しておりますが、ストラテジストの都合により予告なく送信を行わない日がございますので、予めご了承ください

こちらのコンテンツもお勧めです

IG証券はお取引に際してお客様がご負担になるコストについて明確な情報を提供しています。

FX/バイナリーオプション/CFDのリーディングカンパニー。IG証券について詳しくはこちら

その日の重要な経済イベントが一目でわかるカレンダー。「予想値」、「前回値」、「発表結果」データの提供に加え、国名や影響度によるイベントのスクリーニング機能も搭載。


本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありません。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。 無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。