ブレント原油40ドル割る、減産延長期間が不十分との見方で

・OPECプラス、1カ月間の減産継続で合意と伝わる
・OPEC会合の週内開催は不確か

ロンドンのインターコンチネンタル・エクスチェンジ(ICE)に上場する北海ブレント原油先物が、前日に回復した1バレル=40ドル台を割り込んでいる。石油輸出国機構(OPEC)とロシアなどの非加盟の主要産油国で構成されるOPECプラスが協調減産の1カ月間の延長で暫定合意したと伝わったが、市場では期間が不十分との見方が多い。

週内に見込まれていたOPECの次回会合の開催が不確かと伝わったことも売りにつながった。

北海ブレント先物で期近の8月限は日本時間午後零時半現在、3日の通常取引終値より0.68ドル(1.71%)安い39.11ドル。3日に一時、40.53ドルまで買われ、3月6日以来の高値を付けていた。

ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)に上場するWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油先物で期近の7月限は0.84ドル(2.25%)安い36.45ドル。3日に一時、38.18ドルまで買われ、約3カ月ぶりの高値を付けた。

OPECプラスは5月1日から2カ月間の限定で、世界の生産量の1割に相当する日量970万バレルの協調減産を実施している。3日の相場上昇の背景には、OPECプラスがより長期にわたる減産継続で合意するとの思惑があった。

OPEC会合

さらには、OPECプラスの次回会合について、現時点で日程が決まっていないとする調査会社のリポートも相場の下げの一因となった。協調減産の延長の是非を協議する次回会合は、早ければ4日にも開催されるとみられていた。

次回会合の当初の開催予定日は6月9~10日。しかし、OPECの現議長国であるアルジェリアが日程の前倒しを5月末に提案していた。

現行の合意に従えば、OPECプラスは7月以降は協調減産を緩和する。7月からは減産幅を日量770万バレルに、その後2021年1月から22年4月まで580万バレルに落とすことが決められている。

これに加えて、一部の湾岸産油国が7月以降の減産の継続について合意していないとの報道も相場を圧迫している。


本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありません。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。 無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IG証券の商品(コモディティ)トレード

  • 約70種類の商品が取引可能
  • 原油や金など主要な商品の円建て銘柄
  • 金・銀、原油はバイナリーでも

リアルタイムレート

  • FX
  • 株式CFD
  • 株価指数CFD

※上記レートは参考レートであり、取引が保証されるものではありません。株式のレートは少なくとも15分遅れとなっております。

モーニングメール

ストラテジストによる「本日の予想レンジとトレンド」を毎朝※無料でお届け中! ※メール送信は基本的に月~金の平日を予定しておりますが、ストラテジストの都合により予告なく送信を行わない日がございますので、予めご了承ください

こちらのコンテンツもお勧めです

IG証券はお取引に際してお客様がご負担になるコストについて明確な情報を提供しています。

FX/バイナリーオプション/CFDのリーディングカンパニー。IG証券について詳しくはこちら

その日の重要な経済イベントが一目でわかるカレンダー。「予想値」、「前回値」、「発表結果」データの提供に加え、国名や影響度によるイベントのスクリーニング機能も搭載。