米国ウィークリー 2018/10/2号

好悪材料から小幅レンジの展開へ!

BG_Tesla_elon_musk
  • NYダウは、7-9月で9.26%上昇し、年初来で7.04%の上昇となった。9月は、米中貿易摩擦の懸念後退観測などから1.90%上昇し、キャタピラー(CAT)が9.82%高、ボーイング(BA)が8.49%高と中国関連が買われた。S&P500のセクター別は、11業種分類で7-9月にヘルスケアが14.21%高、資本財・サービスが9.68%高、情報技術が8.50%高。9月は業種分類が変更され、AT&T(T)、ウォルト・ディズニー(DIS)、ネットフリックス(NFLX)、アルファベット(GOOGL)やフェイスブック(FB)などで構成された新設の通信サービスが4.26%高となった。

    ただ、セクター間でパフォーマンス格差が見られ、ネガティブ材料に事欠かない状況。フェイスブック(FB)は最大5,000万アカウントがハッキングを受けたと発表し、株式非公開化をツイートしSECに提訴されていたテスラ(TSLA)のマスクCEOは、会長職を辞職し罰金の支払いで合意。両社の株価は大きく下落した。トランプ大統領がFBIに捜査を指示した判事候補のカバノー氏の性的暴行事件は、中間選挙に向け共和党にとって大きな痛手となる可能性がある。
  • この他、イタリアの財政問題、下げ止まらないアルゼンチン・ペソなどネガティブ材料が相次いでいる。9/30発表の中国の9月の財新製造業PMIは50と市場予想及び前月を下回った。米中貿易戦争の影響が顕在化した可能性がある。国慶節の休場明けとなる10/8の上海・深セン市場の動向には注意したい。一方、懸案のカナダとの貿易交渉は9/30に合意に至り、NAFTAを見直した米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)として新たな枠組みが維持されることとなった。

    インテル(INTC)はPC向け半導体の増産に向け年内の設備投資10億ドル(約1,140億円)の増額を発表し、一部アナリストはエヌビディア(NVDA)の株価上昇余地を指摘。両社株価は大幅に上昇した。半導体業界の再評価となる可能性もあろう。また、2019会計年度予算の一部が成立し、政府は12/7までの予算を確保。一部機関の閉鎖を11/6の中間選挙後まで回避できることとなった。国防費は7,160億ドル(約81.6兆円)と過去最高で、首脳会談で日本が米国の防衛装備品購入の意向を示しており、ロッキード・マーチン(LMT)など関連銘柄に注目したい。当面の米国株は、良好な月初のISM指数や雇用統計などが期待され、好悪材料の綱引きのなか、狭いレンジでの推移を予想する。(庵原)

phillip_fig_weekly_Oct02_01

S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(9/28現在)

phillip_fig_weekly_Oct02_03
phillip_fig_weekly_Oct02_02

■主な企業決算 の予定

●10月2日(火):ペプシコ

●4日(木):コストコ

■主要イベントの予定

●10月1日(月)

・米アトランタ連銀総裁、ミネアポリス連銀総裁講演、ボストン連銀総裁講演

ノーベル医学生理学賞受賞者発表

・中国休場(5日まで)、香港休場

・9月のISM製造業景況指数、自動車販売

・8月の建設支出

●10月2日(火)

クオールズFRB副議長(銀行監督担当)が上院銀行委員会で証言

パウエルFRB議長講演

ノーベル物理学賞受賞者発表

・パリ国際自動車ショーのプレスデー(3日まで、一般公開は4-14日)

●10月3日(水)

・シカゴ連銀総裁講演(ロンドン)、リッチモンド連銀総裁、クリーブランド連銀総裁講演

・ブレイナードFRB理事、パウエルFRB議長講演

ノーベル化学賞受賞者発表

9月のADP雇用統計ISM非製造業景況指数

●10月4日(木)

・ラガルドIMF専務理事が記者会見(都内)

クオールズFRB副議長(銀行監督担当)講演

・9月29日終了週の新規失業保険申請件数

・8月の製造業受注

●10月5日(金)

・アトランタ連銀総裁講演

ノーベル平和賞受賞者発表

・9月の雇用統計

・8月の貿易収支 、消費者信用残高

●10月7日(日)

・ブラジル大統領選挙(第1回投票、決選投票の場合は28日に実施)・総選挙

(Bloombergをもとにフィリップ証券作成)



【レポートにおける免責・注意事項】
本レポートの発行元:フィリップ証券株式会社〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町4番2号
TEL:03-3666-2101 URL: http://www.phillip.co.jp/
本レポートの作成者:公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員 庵原浩樹
公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員補 増渕透吾
当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提 供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の 見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身 の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害につ いても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じま す。
<日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項> 本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。