個別銘柄レポート:トール・ブラザーズ

2018/10期3Q(5-7月)は受注高が3Qとして過去最高、通期計画の平均引渡価格の下限を引き上げ

bg_house_builders_1553217

ニューヨーク | 住宅建設 | 業績フォロー
BLOOMBERG TOL:US | REUTERS TOL

  • 2018/10期3Q(5-7月)は、売上高は前年同期比27.3%増の19.10億USD、純利益が同30.1%増の1.93億USD。EPSは1.26USDの市場予想の1.02USDを上回った。
  • 受注高は同12%増の20.32億USDと3Qでは過去最高。堅調な不動産市況を背景に西部や南部、中部大西洋沿岸などで好調に伸びた。
  • 2018/10通期の会社計画を上方修正。平均引渡価格を83.5-86.0万USDと従来計画の83.0-86.0万USDから下限を引き上げた。

 

What is the news?

2018/10期3Q(5-7月)は、売上高は前年同期比27.3%増の19.10億USD、純利益が同30.1%増の1.93億USD。EPSは1.26USDと市場予想の1.02USDを上回った。堅調な不動産市況と高級住宅における独自のポジションが奏功し、受注高は同12%増の20.32億USDと3Qでは過去最高を更新。受注戸数は同7%増の2,316戸、平均受注価格は同5%増の87.7万USDであった。住宅コミュニティーあたりの受注戸数が同18%増の8.1戸となったほか、住宅コミュニティー数が前四半期の283から301に増加。北部やカルフォルニア州は伸び悩んだものの、西部や南部、中部大西洋沿岸などでは受注高が2桁の伸びを示した。また、1戸あたり平均16.5万USDの追加オプション料金も受注の伸びに寄与。2018/7末の受注残高も同22%増の64.79億USDと伸びており、受注戸数残が同13%増の7,100戸、受注残平均価格が同8%上昇の91.3万USDとともに改善。

セグメント別の業績は以下の通り。北部は工事売上高が同17.9%増の2.66億USD、受注高が同横ばいの2.39億USD。中部大西洋沿岸は工事売上高が同7.9%増の3.04億USD、受注高が同14.0%増の3.43億USD。南部は工事売上高が同17.9%増の2.99億USD、受注高が同23.6%増の3.11億USD。西部は工事売上高が同24.4%増の3.82億USD、受注高が同24.6%増の4.17億USD。カルフォルニア州は工事売上高が同82.2%増の6.10億USD、受注高が同0.5%減の6.39億USD。City Livingは工事売上高が同48.7%減の5,060万USD、受注高が同%99.8増の8,070万USD。

How do we view this?

2018/10期4Q(8-10月)の会社計画は、引渡戸数が2,550-2,850戸、平均引渡価格が84.0-87.0万USD、調整後粗利益率が24.0%、販管費率が8.1%。2018/10通期の会社計画を上方修正。引渡戸数を8,100-8,400戸と従来計画の8,000-8,500戸から中央値は一定のまま幅を狭め、平均引渡価格を83.5-86.0万USDと従来計画の83.0-86.0万USDから下限を引き上げた。調整後粗利益率は同23.75-24.25%から24.0%へ幅を狭め、販管費率は9.8%と同10.0%から上方修正。2018/10通期の市場予想は、売上高が前期比20.9%増の70.28億USD、当期利益は同31.1%増の7.03億USD。

phillip_fig_toll_Brothers_Aug28_01
配当予想(USD) 0.41 (予想はBloomberg)
終値(USD)39.52 2018/8/21

会社概要
1986年設立。前身は1967年創業。戸建ての高級住宅の建設・販売を行う。ステップアップ住宅購入者(居住している住宅を売却し、新たにワンランク上の住宅を購入し移り住む者)や子供が独立後の世帯、アクティブ・アダルト・コミュニティー(元気な高齢者向けリタイアメント・コミュニティ)、別荘の購入者などをメインターゲットとしている。2017/10末までの5年間で、676の住宅コミュニティーに28,355の住宅を供給した。米国20州で事業を展開。
 また、「Toll Brothers City Living」を通じ都市向けの住宅の販売を行っている他、ゴルフクラブやカントリークラブの開発・運営や、合弁企業を通じて賃貸向けアパートの運営も行っている。アパートは「Toll Brothers Apartment Living」、「Toll Brothers Campus Living」、「Toll Brothers Realty Trust」などのブランドの下、ボストン近郊、ワシントンD.C.近郊、ロサンゼルス、サンフランシスコ、サンディエゴ、フリーモント、アトランタ、ダラス、フェニックスなどで展開。

企業データ(2018/8/22)
ベータ値 0.93
時価総額(百万USD) 6,002
企業価値=EV(百万USD) 9,126
3ヵ月平均売買代金(百万USD) 92.8
phillip_fig_toll_Brothers_Aug28_02
主要株主(2018/8) (%)
1.ブラックロック10.77
2.Vanguard Group Inc 8.54
3.Toll Robert Ⅰ 7.18
(出所:Bloombergをもとにフィリップ証券作成)  


【レポートにおける免責・注意事項】
本レポートの発行元:フィリップ証券株式会社〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町4番2号
TEL:03-3666-2101 URL: http://www.phillip.co.jp/
本レポートの作成者:公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員 庵原浩樹
公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員補 増渕透吾
当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提 供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の 見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身 の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害につ いても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じま す。
<日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項> 本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。