個別銘柄レポート:アドビシステムズ

2018/11期3Q(6-8月)は58.8%の増益、マルケトの買収に向け交渉中のもよう

bg_adobe_systems_865924

ナスダック| アプリケーション・ソフトウェア | 業績フォロー

BLOOMBERG ADBE:US | REUTERS ADBE.OQ

  • 2018/11期3Q(6-8月)は、売上高が前年同期比24.4%増の22.91億USD、純利益が同58.8%増の6.66億USDだった。調整後EPSは1.73USDと市場予想の1.69USDを上回った。
  • 2018/11期4Q(9-11月)会社計画は、売上高が24.20億USD、デジタル・メディア部門の売上高が同22%増、デジタル・エクスピリエンス部門の売上高が同20%増、EPSが1.42USD、調整後EPSが1.87USD。
  • 報道によると、マーケティングオートメーション大手マルケトの買収に向け交渉中。Marketing Cloudとの統合などシナジーに期待も。

What is the news?

2018/11期3Q(6-8月)は、売上高が前年同期比24.4%増の22.91億USD、純利益が同58.8%増の6.66億USD。調整後EPSは1.73USDと市場予想の1.69USDを上回った。売上高のうち、サブスクリプション収入が同28.7%増の20.21億USD、製品販売収入が6.2%減の1.49億USD、サービス・サポート収入が同7.8%増の1.20億USD。売上高の約90%を継続課金ベースの収益が占めた。3Qでは自社株買いを通じ7.14億USDの株主還元を実施した。

セグメント別の概況は以下の通り。Document CloudやCreative Cloudを含むデジタル・メディア部門は、売上高が同26.6%増の16.08億USD。同部門のARR(年換算経常収益)は64.03億USDとなった。同部門のうち、クリエイティブ分野の売上高は同27.9%の13.60億USDと同セグメントを牽引。ビデオ編集ソフト「Project Rush」、UXデザインツール「Adobe XD」の提供開始などが寄与した。クリエイティブ・ツール「Adobe Spark」では、インド技能開発・起業促進省との提携が決定。Document Cloudの売上高は、同20.6%増の2.48億USD。「Adobe Sign」がFedPAMPに採用されるなど、政府機関や医療・金融機関への導入が進んだ。Experience Cloudを含むデジタル・エクスピリエンス部門は、売上高が同20.9%増の6.14億USD。Marketing Cloud、Analytics Cloud、Advertising Cloudなどが牽引。NBAプロパティーズ、オーストラリア・コモンウェルス銀行、米連邦航空局などで導入が進んだ。出版部門は、売上高が同8.1%増の6,820万USD。

How do we view this?

2018/11期4Q(9-11月)の会社計画は、売上高が24.20億USD、デジタル・メディア部門の売上高が前年同期比22%増、デジタル・エクスピリエンス部門の売上高が同20%増、EPSが1.42USD、調整後EPSが1.87USD。なお、4Qの売上高はAcrobatに係る永久ライセンス収入を含んでいる。2018/11通期市場予想は、売上高が前期比23.2%増の89.93億USD、当期利益が同55.1%増の26.28億USD。報道によると、同社はマーケティングオートメーション大手のマルケトの買収に向け交渉中。買収が成立した場合、Marketing Cloudとの統合などによるシナジー効果が期待される。

phillip_fig_Adobe_Sep26_01

配当予想(USD) 0.00 (予想はBloomberg)
終値(USD) 270.79 2018/9/18

会社概要
1982年に設立された世界最大級のソフトウェア会社。 「Document Cloud」、「Creative Cloud」、「Experience Cloud」、の3つのクラウドを通じて、クリエイター、マーケ ター、知識労働者、アプリケーション・ディベロッパー、法 人顧客、一般消費者向けに定期課金ベースのソフトウェ アやサービスを提供する。同社が開発したPDFは、現 在、国際標準化機構(ISO)で管理されるオープンスタン ダードの1つとなってる。
 「Document Cloud」は紙ベースの手動プロセスをデジタ ルに変えるためのサービスを提供しており、PDFソリュー ションの「Acrobat DC」、電子サインソリューションの 「Sign」、関連モバイルアプリなどのソフトウェアがある。 「Creative Cloud」は、制作用デスクトップツール、モバイ ルアプリ、Adobe Stock画像などを提供しており、 「Photoshop」、「InDesign」、「Illustrator」などのソフトウェ アがある。「Experience Cloud」は法人顧客向けのソ リューションを提供しており、統合デジタルマーケティング サービス「Marketing Cloud」、デジタルマーケティングア ナリティクスの「Analytics Cloud」、デジタル広告の最適 化サービスの「Advertising Cloud」などから構成される。

企業データ(2018/9/19)
ベータ値 1.01
時価総額(百万USD) 132,596
企業価値=EV(百万USD) 129,526
3ヵ月平均売買代金(百万USD) 702.1

phillip_fig_Adobe_Sep26_02
主要株主(2018/9) (%)
1.FMR 7.62
2.Vanguard Group Inc 7.49
3.ブラックロック 6.90

(出所:Bloombergをもとにフィリップ証券作成)


【レポートにおける免責・注意事項】
本レポートの発行元:フィリップ証券株式会社〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町4番2号
TEL:03-3666-2101 URL: http://www.phillip.co.jp/
本レポートの作成者:公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員 庵原浩樹
公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員補 増渕透吾
当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提 供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の 見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身 の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害につ いても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じま す。
<日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項> 本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。