個別銘柄レポート:シスコシステムズ

ナスダック | 通信機器 | 業績フォロー

bg_cisco_875564

2019/7期1Q(8-10月)は同48.2%の増益、Duo SecurityとJuly Systemsの買収が完了
ナスダック | 通信機器 | 業績フォロー

  • 2019/7期1Q(8-10月)は、売上高が前年同期比7.7%増の130.72億USD、純利益が同48.2%増の35.49億USD。調整後EPSは0.75USDと市場予想0.71USDを上回った。
  • 2019/7期2Q(2018/11-2019/1)会社計画は、事業売却の影響を除くベースで売上高が同5-7%増、粗利益率が63.5-64.5%、営業利益率が30.5-31.5%、EPSが0.71-0.73である。
  • 1Q中、セキュリティーと多要素認証の統合ソリューションのDuo Security、企業向け位置情報サービスのJuly Systemsの買収が完了。

What is the news?

11/14発表の2019/7期1Q(8-10月)は、売上高が前年同期比7.7%増の130.72億USD、純利益が同48.2%増の35.49億USD。調整後EPSは0.75USDと市場予想0.71USDを上回った。幅広い製品分野で売上が伸びた。地域別でも幅広く売上を伸ばしており、米国は同5.5%増、欧州・中東・アフリカは同10.8%増、アジア太平洋・日本・中国は同11.7%増となった。

製品カテゴリー別の売上高は以下の通り。スイッチ、ルーター、ワイヤレス、データセンター向け製品などコアネットワーキング製品群の「インフラストラクチャー・プラットフォーム」は、同9%増の76.42億USD。スイッチ製品では引き続き「Catalyst 9000」が好調を維持したほか、データセンター向けの需要が旺盛だった「Nexus9000」の販売も伸びた。ワイヤレス製品は「Meraki」や「Wave2」などが牽引し、2桁の伸びを示した。そのほか、「HyperFlexシステム」などのデータセンター向けサーバーの売上も伸びた。IP電話やビデオ端末、IoT関連やアナリティクスなどの「アプリケーション」は、同18%増の14.19億USD。ユニファイド・コミュニケーション関連の引き合いが高く、テレビ会議システムやアプリケーションパフォーマンス性能監視の「AppDynamics」が堅調に推移。サイバーセキュリティー関連製品の「セキュリティー」は同11%増の6.51億USD。統合脅威管理や標的型攻撃管理の関連製品が伸長。「その他製品」は同38%減の1.78億USD。「サービス」は同3%増の31.82億USD。ソフトウェアやソリューションに伴うサポートサービスが伸びた。

How do we view this

2019/7期2Q(2018/11-2019/1)会社計画は、事業売却の影響を除くベースで売上高が同5-7%増、粗利益率が63.5-64.5%、営業利益率が30.5-31.5%、EPSが0.71-0.73。通期市場予想は、売上高が前期比4.7%増の516.37億USD、当期利益が同117.9倍の129.69億USD。1Q中、アクセス・セキュリティーと多要素認証の統合ソリューションをクラウド経由で提供する非公開企業のDuo Security、クラウド経由でエンタープライズ向け位置情報サービスを提供する非公開企業のJuly Systemsの買収が完了。

phillip_fig_Cisco_Dec3_01
配当予想(USD) 1.39(予想はBloomberg)
終値(USD) 47.29 2018/11/28

会社概要
1984年に設立された世界最大のコンピュータネットワーク機器開発会社。ネットワークシステム、ソリューションの販売やこれらに関するサービスの提供を行う。ルーター、スイッチ、ワイヤレスLAN、アクセスポイント、IP電話、ビデオ会議端末、データセンター、セキュリティー、ソフトウェア等を製造・販売するほか、テクニカルサポートサービスなども提供する。顧客は中小企業から大企業まであらゆる規模の事業会社、政府機関、研究機関、サービスプロバイダーなど多岐に及ぶ。

同社が開発している「Intent Based Networking」は、インテント(ビジネスの意図)を自動的にネットワークに反映することを可能にするテクノロジーで、ネットワーキング、セキュリティー、コラボレーション、クラウドの間で常に進化し、高度に安全でインテリジェントなデジタルビジネスのプラットフォームを提供する。同社事業は、米国、欧州・中東・アフリカ(EMEA)、アジア太平洋地域・日本・中国(APJC)の3つの地域セグメントに分かれている。


企業データ(2018/11/29)
ベータ値 1.13
時価総額(百万USD) 212,614
企業価値=EV(百万USD) 195,585
3ヵ月平均売買代金(百万USD) 1,042.7

phillip_fig_Cisco_Dec3_01

主要株主(2018/11) (%)
1.Vanguard Group Inc 7.95
2.ブラックロック 7.49
3.ステート・ストリート 4.35
(出所:Bloombergをもとにフィリップ証券作成)



【レポートにおける免責・注意事項】
本レポートの発行元:フィリップ証券株式会社〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町4番2号
TEL:03-3666-2101 URL: http://www.phillip.co.jp/
本レポートの作成者:公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員 庵原浩樹
公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員補 増渕透吾
当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提 供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の 見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身 の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害につ いても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じま す。
<日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項> 本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。