2016 7/15【IGテクニカル分析】

ドル円(USD/JPY)のテクニカル分析レポート。 テクニカルポイントに加え、直近のオーダー状況の情報も満載。
毎週火曜日と金曜日は、IGTVのマーケットヘッドラインで取り上げた銘柄にフォーカスしています。合わせてご参照ください。

TECHNICAL ANALYSIS HIGHLIGHTS 

レジスタンス サポート
107.35:レジスタンスライン 103.97:7月14日安値
107.00:レジスタンスポイント 103.90:7月13日安値
106.81:6月24日高値 103.21:21日MA
106.27:標準誤差回帰分析バンドの上限 102.85:10日MA
オファー ビッド
106.00:オファー 103.00:ビッド

 

14日はNY終値ベースで105円台の維持に成功。オシレーター系を確認すると、DMIは上昇トレンド転換シグナルが点灯(+DIが-DIを上抜け)し、RSIは5月下旬以来の水準まで上昇中。円高圧力が急速に後退していることがわかる。

しかし、100円再トライのリスクが完全に後退したと考えるのは早計だろう。ドル円相場は、1月29日以降、一度も上値を切り上げることなく下落基調が継続してきた。その過程で形成されたのが、レジスタンスラインである。このラインの突破は、1月29日以降一度も実現しなかった上値切り上げを達成することを意味する。ただ、トレンドが転換した(=円安トレンドへ反転した)と断定するには、日足の一目/雲の突破の確認が条件となろう。このテクニカルは5月下旬のドル高時に上値をレジストし、100円割れの起点となった経緯があるだけに、レジスタンスラインとともに重要テクニカルと認識しておきたい。これら2つのテクニカルを突破した場合は、円安反転シグナルと捉え、110円台への再上昇を想定したい。

逆に上記テクニカルで上値がレジストされた場合は、100円再トライを警戒したい。そのシグナルとして注視すべきは、21日MA(赤ライン)および10日MA(青ライン)の可能ブレイクだろう。

尚、今日現在、標準誤差回帰分析バンドの上限は106.27前後で推移中(日足)。また、直近のオーダー状況だが106.00にはオファー(実需含む)が観測されている。一方、103.00にはビッドが観測されている。


Chart Point-標準誤差回帰分析バンド(日足)

technical_080716-01
 

Chart Point-リトレースメント他(1時間足)

 
technical_080716

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 利点と制限

    売りポジションの保有から取引をスタートする事により下落市場で利益を得たり、既に保有している金融資産のリスクヘッジを行うことができます。このセクションでは「売り」取引の仕組みについて学びます。

  • はじめに

    アナリストがどのようにチャートを使っているのかを学び、投資家の行動を勉強し市場パターンを理解しましょう。利用可能な様々なチャートの使い方を学習し、チャートが示す価格パターンを確認します。

  • マーケット注文(ロット優先)

    ポジションを保有・清算できるいくつかの方法を学びます。単純な直接取引から、人がいなくても自動で指示を出すような取引までいろいろあります。注文取引により、利益額をあらかじめ設定したり損失額に対してストップをかけたりできます。複数の注文方法を紹介するとともに、利用方法を説明いたします。