2016 4/7 【IGテクニカル分析】

ドル円(USD/JPY)とユーロドル(EUR/USD)のテクニカル分析レポート。 テクニカルポイントに加え、直近のオーダー状況の情報も満載。

bg_data_1016721

Technical analysis highlights

USD/JPY

レジスタンス 110.64:4/6高値 110.00:心理的節目
サポート 109.34:4/6安値 109.00:厚いビッド、OPバリア

焦点は厚いビッドとオプション(OP)バリアが観測されている109円台の維持にシフトしている。109.00トライとなるかどうか、この点を探る上でまずは昨日安値109.34レベルでの攻防に注目したい。RSIでは売られ過ぎのシグナルが点灯しつつあり、目先はドルショートカバーを想定したい。ただ、110円台の再上昇で四苦八苦するようならDMIの弱気シグナルの方を重要視し、常にダウンサイドリスクに備えたい。
109円台の維持に失敗した場合、108円台最初のサポートポイントとして注視すべきはピボットS2の108.60レベルとなろう。逆に110円台へ難なく再上昇した場合は、昨日高値110.64を突破出来るかが注目される。尚110.47にはピボットR1が位置している。

EUR/USD

レジスタンス 1.1500:心理的節目 1.1433:リトレースメント76.40%
サポート 1.1332:10日MA 1.1295:一目/転換線

ドル円(USD/JPY)とは対照的にユーロドル(EUR/USD)は1.14台へ再上昇する等、堅調に推移している。USD/JPYとは異なり、ドル安の影響がストレートに反映されているということだろう。ただ、ドル安の恩恵を受けて尚、リトレースメント76.40%の突破に四苦八苦している状況が継続するならば(6日は1.1432で上値がレジストされた)、1.15台への上昇より先に1.13トライとなる可能性が高まろう。この場合、テクニカル面では10日MA(赤ライン)及び一目/転換線(緑ライン)を維持できるかが焦点として浮上しよう。逆に1.15台へ再上昇した場合は、昨年8月26日高値1.1561の突破が注目される。

尚、直近のオーダー状況だが1.1450及び1.1500にはそれぞれオファーが観測されている。1.1300、1.1270及び1.1250にはビッドの観測あり。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 配当金

    株式なくしては、各国の経済に不可欠な株式市場は成り立たないでしょう。ここでは、株式取引が個人投資家の収入源と大きな資産になる一方、いかに企業の拡大・成長につながるかということを学びます。

  • 料金設定とファンディングコスト

    ここでは、CFD(差金決済取引)の取引とその仕組みについて例を挙げながら紹介し、CFD取引のメリットについて説明いたします。
    さらに、料金設定とファンディングコストについても解説いたします。

  • レバレッジ入門

    レバレッジを利用することで、比較的少額の初回支払金額でどのように金融市場に大きなエクスポージャーを得ることができるか学びます。レバレッジは利益を増幅させることができますが、同時に損失リスクも増大するため、利用には注意が必要であることを説明しています。