2016 6/24【IGテクニカル分析】

ドル円(USD/JPY)とユーロドル(GBP/USD)のテクニカル分析レポート。 テクニカルポイントに加え、直近のオーダー状況の情報も満載。

bg_data_1016721

Technical analysis highlights

USD/JPY
レジスタンス 108.00:標準誤差回帰分析バンドの上限 107.00-27:レジスタンスゾーン
サポート 102.80:ピボットS2 101.60:標準誤差回帰分析バンドの下限

執筆時点でのレンジは102.91-106.87。標準誤差回帰分析バンド(日足)でレンジを確認すると上限が108.00レベル、下限が101.60レベルで推移している。ボラティリティの拡大を想定するならば、これらレベルどちらかをトライする可能性を本日は想定したい。

レンジ内のチャートポイントだが、トップサイドは107.00。本日早朝にトライに失敗した水準である。107円台の到達に成功した場合は、本日安値102.94レベルからの半値戻し107.20の突破が焦点となろう。107.20台(107.27)にはピボットのR1も位置している。107.00-27ゾーンを突破した場合は、標準誤差回帰分析バンドの上限108.00を視野に上昇幅の拡大を想定したい。尚、今月7日に107.90レベルで上値がレジストされた経緯がある。上限の突破にも成功した場合は、今年最高値121.69を起点としたレジスタンスラインのトライを想定したい。
一方、ダインサイドの焦点は103円台を維持できるかどうか、この点が焦点となろう。103円の維持に失敗した場合は、ピボットS2が攻防分岐となろう。このレベルをも下方ブレイクする展開となれば、上記のバンド下限を視野に下落幅の拡大を警戒したい。

直近のオーダー状況だが、早朝の急変動でビッド/オファーともに捌けている。



GBP/USD
レジスタンス 1.5440:標準誤差回帰分析バンドの上限 1.5020:本日早朝高値
サポート 1.4000:重要サポートポイント 1.3490:標準誤差回帰分析バンドの下限

標準誤差回帰分析バンド(週足)でレンジを確認すると上限が1.5440台、下限が1.3490台となっている。ドル円以上にボラティリティが拡大する傾向にあるポンド相場だけに、これらレンジを本日中にトライする可能性を警戒したい。

下限トライのシグナルとして注視すべきは、1.40の攻防だろう。4月上旬以降、三度(4/6、6/16、6/24)このポイントで相場がサポートされている。重要サポートポイントとして強く意識されているが故に、下方ブレイクした場合、市場参加者はさらなるポンドの下落を想定し売りを仕掛けてくる可能性が高い。
一方、トップサイドは1.50台への再上昇及その後も1.5台を維持する展開となれば、それが上限トライのシグナルとなる可能性が高い。本日早朝に付けた高値1.5020レベルにはピボットR1が位置している。1.50以下で注視すべきレジスタンスポイントは、本日安値からの61.80%戻し1.4635レベル(8時急落時の戻り高値)となろう。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。