2016 5/2【IGテクニカル分析】

ドル円(USD/JPY)とユーロドル(EUR/USD)のテクニカル分析レポート。 テクニカルポイントに加え、直近のオーダー状況の情報も満載。

トレーダー

Technical analysis highlights

USD/JPY

レジスタンス 108.70:5日MA 107.60:ネックライン
サポート 105.20:2014年10月15日安値 105.00:心理的節目

完全にチャートが崩れた。日足の一目/遅行線(黄ライン)とローソク足との乖離は一気に拡大し、オシレーター系(RSI / DMI)もダウンサイドリスクを示唆するシグナルが点灯。目先の焦点は105円台への攻防シフトだろう。その展開となった場合、注視すべきテクニカルポイントは、ヘッド・アンド・ショルダーの起点となった105.20レベル(2014年10月15日安値)。このレベルをも下方ブレイクするならば、節目の105.00トライは時間の問題となろう。尚、106.00には厚いビッドとオプション(OP)バリアが観測されているが、同じオーダーが観測されていた106.50レベルをあっさり突破した経緯を考えるならば、106円台での反転ではなく105円台の攻防シフトの方を強く意識したい。

一方、上値の焦点は、5日MA(青ライン)まで反発できるかが注目される。そのシグナルとして注視すべきは、破られるまで相場をサポートした107.60レベルの突破となろう。

EUR/USD

レジスタンス 1.1530:週足の一目/雲の下限 1.1500:心理的節目
サポート 1.1400:サポートポイント 1.1340:一目/転換線 ・21日MA

1.1200-1.1400のコアレンジを上方ブレイクした。目先の焦点は4月上旬に相場をレジストし続けた1.1470レベルの突破となるだろうが、日足の一目/遅行線(黄ライン)とRSIが強気シグナルを発している点を考えるならば、その可能性は高い。よって、真の焦点は1.15台への再上昇と想定したい。1.15台で最も注視すべきレジスタンスポイントは週足の一目/雲の上限が推移している1.1530レベルだろう。この水準をも上方ブレイクする展開は、さらなるユーロ高・ドル安シグナルと市場で捉えられよう。尚、1.1500には厚いオファー、オプション(OP)バリアが観測されている。上の水準にはストップの観測もある。

一方、下値は目先、1.1400がレジスタンスからサポートへ転換するか、この点が焦点となろう。1.13台の攻防へシフトした場合は、日足の一目/転換線(赤ライン)と21日MA(青ライン)が密集している1.1340レベルが次のターゲットとして浮上しよう。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。