2014 9/10 【IGテクニカル分析】AUD/USD(豪ドル/米ドル)

bg_chart_505846

TECHNICAL ANALYSIS HIGHLIGHTS      

0.9500ブレイクに失敗後、短期(1時間足)&中期サポートライン(日足)を共に下方ブレイク。さらに、3月下旬以降よりレンジの下限として意識されてきた0.9200はおろか、200日MA(青ライン)をも破る展開となったことで、豪ドル/米ドルの上昇トレンドは終了し、新たなレンジ相場へシフトする可能性が高まってきた。

次の反転ポイントとして注目すべきは、厚いビッドが観測されている0.9150だろう。だが、過去の推移をみる限り、0.9150で豪ドルがサポートされた経緯がない。下にストップが置かれていることも考えるなら、200日MAブレイクは、0.9100もしくは7月1日高値0.9505からの50.00%戻し0.9083レベルを視野に下落幅が拡大するシグナルとして捉えておきたい。

一方、上値は0.93台への再上昇が焦点となろう。テクニカル面では、直近安値からのリトレースメント38.20%とクロスしている短期レジスタンスライン(1時間足)及び5日MAの攻防に注視する展開となろう。

RESISTANCE / SUPPORT / ORDER BOOK

レジスタンス

 

サポート

0.9300 レジスタンスポイント   0.9171 本日11時時点の安値
0.9277 5日MA(赤ライン)   0.9150 サポートポイント
0.9260 リトレースメント38.20%、短期レジスタンスライン   0.9100 サポートポイント
0.9226 リトレースメント23.60%   0.9083 リトレースメント50.00%
 

オファー

 

ビッド

0.9350 オファー   0.9180 ストップ(filled)
0.9300 オファー   0.9150 厚いビッド、下にストップ

 

TODAY’S CHART

豪ドル/米ドルチャート 1時間足チャート
豪ドル/米ドルチャート 日足チャート

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • レバレッジ入門

    レバレッジを利用することで、比較的少額の初回支払金額でどのように金融市場に大きなエクスポージャーを得ることができるか学びます。レバレッジは利益を増幅させることができますが、同時に損失リスクも増大するため、利用には注意が必要であることを説明しています。

  • 価格とウエイト

    主要株価指数と非主要株価指数の目的、さらにその算出方法について理解します。世界で最もポピュラーな取引商品のいくつかを例に挙げ、株価指数という乱高下の激しい市場のエクスポージャーを得る方法を学びます。

  • 「売り」取引とは

    売りポジションの保有から取引をスタートする事により下落市場で利益を得たり、既に保有している金融資産のリスクヘッジを行うことができます。このセクションでは「売り」取引の仕組みについて学びます。