2014 8/6 【IGテクニカル分析】EUR/JPY(ユーロ円)

article_volality

TODAY’S COMMENT: 年初来安値ブレイクを想定

ディセンディングトライアングルを形成しながら、ボリンジャーバンド(MA:21、σ:2.0)の中心線(赤ライン)を下方ブレイク。一目/遅行線(青ライン)は26日前のローソク足を下抜け、RSIは売り買い分水嶺の50.00以下で推移。さらに1時間足では7月に形成されていたトライアングルを下方ブレイクする等、テクニカル面では更なる下落を示唆するシグナルが、これでもかと点灯している。

では、このままユーロ円は下落トレンドを辿り続けるのか?

答えはYES。

8月1日にディセンディングトライアングルの上方ブレイクをトライするも、あえなく失敗したことが最大の判断材料だ。ドル円とは真逆の展開となった事実は、ユーロ円がディセンディングトライアングルのパターン形成、つまり年初来安値136.23ブレイクに向かっていることを示唆している。

尚、直近はこの重要サポートポイント前後をボリンジャー下限(緑ライン)が右往左往する状況が続いている。また、136.25前後で厚いビッドが観測されているオーダー状況も考えるなら、このレベルでは相当な神経戦となろう。

CHART POINT & ORDER BOOK

レジスタンス

 

サポート

137.85 ディセンディングトライアングル上限   137.00 サポートポイント
137.73 8月5日高値   136.50 サポートポイント
137.38 21日MA(赤ライン)   136.30 ボリンジャー下限
137.28 10日MA(黄ライン)   136.23 年初来安値
 

オファー

 

ビッド

138.20 オファー   137.00 ビッド
138.10 オファー   135.60 厚いビッド
138.00 オファー   136.25 厚いビッド

 

TODAY’S CHART

ユーロ円1時間足チャート
ユーロ円日足チャート 出所:ProRealTImeチャート

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 取引の過ち

    金融取引において心理状態は重要な要素であり、どのように取引を理解し反応するかが成功に大きな影響を与えます。ここでは、取引での心理状態についていくつかの要素を紹介し、気を付けるべき一般的な過ちを確認していきます。

  • IG証券の原油先物取引

    商品は、ほぼすべての製品の裏側の不可欠要素として、近代経済になくてはならないものです。不安定ながらも価値の高い天然資源が、幅広い取引の世界でどのような位置を占めるのか学んでいきます。

  • IG証券の金CFD取引

    商品は、ほぼすべての製品の裏側の不可欠要素として、近代経済になくてはならないものです。不安定ながらも価値の高い天然資源が、幅広い取引の世界でどのような位置を占めるのか学んでいきます。