2014 8/5 【IGテクニカル分析】EUR/USD(ユーロドル)

bg_euro_notes_968800

TODAY’S COMMENT: 下落トレンドを想定

『絶妙』な7月の米雇用統計を受け、ユーロドルは反発。しかし、週足では長期サポートラインを下方ブレイクし、アセンディングトライアングル形成に失敗。さらに遅行線(緑ライン)がローソク足の下で推移している。これらを鑑みるに、ドル売りを背景としたユーロドルの反発は限定的と想定し、常にダウンサイドへ振れる展開を警戒したい。

目先、注目すべきは1.34維持の攻防だろう。1.3410-1.3400ゾーンにかけては、5日MA(赤ライン)、ピボットS1&S2が密集している。また、1.3400にはビッドも観測されており、テクニカル&オーダー状況の面で、サポートゾーンとして意識しておきたい。

逆に、上記のサポートゾーンを下方ブレイクすれば、1.3390レベルのピボットS3(LBOP)での攻防が焦点となろう。ただ、このレベルでは他の重要テクニカルやビッドが観測されていない。また、LBOP の下方ブレイクはさらなるユーロ売りシグナルとなることから、ロングを仕掛けるなら1.34台への回復を確認した方が良いだろう。

LBOP をもブレイクする展開となれば、7月30日安値1.3367レベルもしくは週足の一目/雲の下限1.3320レベルまでの下落を想定したい。

尚、上値の焦点だが、1.3450レベルまでを反発余地と想定したい。このレベルには厚いオファーが観測されている。

CHART POINT & ORDER BOOK

レジスタンス

 

サポート

1.3450 レジスタンスポイント   1.3410 5日MA(赤ライン)&ピボットS1
1.3443 ピボットR2   1.3400 ピボットS2
1.3432 ピボットR1   1.3367 7月30日安値
1.3425 10日MA(黄ライン)   1.3320 一目/雲の下限
 

オファー

 

ビッド

1.3470 厚いオファー、上にストップ   1.3400 厚いビッド
1.3450 厚いオファー、上にストップ   1.3350 厚いビッド、下にストップ

 

TODAY’S CHART

ユーロドル日足チャート
ユーロドル週足チャート

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 技術的な過ち

    金融取引において心理状態は重要な要素であり、どのように取引を理解し反応するかが成功に大きな影響を与えます。ここでは、取引での心理状態についていくつかの要素を紹介し、気を付けるべき一般的な過ちを確認していきます。

  • 先物

    主要株価指数と非主要株価指数の目的、さらにその算出方法について理解します。世界で最もポピュラーな取引商品のいくつかを例に挙げ、株価指数という乱高下の激しい市場のエクスポージャーを得る方法を学びます。

  • 価格とウエイト

    主要株価指数と非主要株価指数の目的、さらにその算出方法について理解します。世界で最もポピュラーな取引商品のいくつかを例に挙げ、株価指数という乱高下の激しい市場のエクスポージャーを得る方法を学びます。