2014 6/27 【IGテクニカル分析】USD/JPY(ドル円)

bg_chart_1369837

TODAY’S COMMENT: 101.00が視野に

1時間足の短期サポートラインと200日MA(黄ライン)を完全に下方ブレイク。売り買い分水嶺50.00を下回っているRSIやゼロラインを下方ブレイクして推移しているモメンタムの動向も考えれば、さらなる下落を警戒したい。

目先の焦点は101.45前後での攻防だろう。下にはストップが置かれており、完全に下方ブレイクすれば、101.30レベルへ向け下落スピードが加速する展開を想定したい。このサポートポイントを挟むかたちで、ピボットS2とリトレースメント76.40%が展開している。これらテクニカルをも下方ブレイクする展開は、101.00が視野に入ることを意味するだろう。尚、101.00には厚いビッド、下には再びストップの観測がある。

一方、上値は89日MA(赤ライン)を上限に、まずは102円台への再上昇が焦点となろう。

CHART POINT & ORDER BOOK

レジスタンス

 

サポート

102.19 89日MA、厚いオファー   101.45 サポートポイント、下にストップ
102.00 レジスタンスポイント、オファー   101.32 ピボットS2
101.95 6月25日   101.29 リトレースメント76.40%
101.72 200日MA   101.00 サポートポイント、厚いビッド、下にストップ

 

TODAY’S CHART

ドル円 1時間足チャート
ドル円 日足チャート

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 外国為替の基礎知識

    世界最大で最も流動性の高い金融市場の仕組みについて理解します。どのように国際通貨が取引されているかをご説明し、ポピュラーマーケットの取引を開始する前に知っておくべき重要ポイントを押さえます。

  • CFD取引

    ここでは、CFD(差金決済取引)の取引とその仕組みについて例を挙げながら紹介し、CFD取引のメリットについて説明いたします。
    さらに、料金設定とファンディングコストについても解説いたします。

  • 取引プランを使う理由

    取引プランは、取引目標を明確にして達成する上で使用できるツールの一つです。ここでは、個人の計画を立てる方法と、それを実行する方法について解説いたします。