2014 6/18 【IGテクニカル分析】EUR/USD(ユーロドル)

bg_chart_470658

TODAY’S COMMENT: 1.3477トライを警戒

1.35台を堅持しているユーロドルだが、RSIはまだ下落余地があることを示唆している。10日MA(黄ライン)に上値が抑えられ1.36台到達に失敗し続けている状況を考えるなら、警戒すべきはダインサイドだろう。

目先、注目すべきは1.3510-1.3500ゾーンでの攻防だろう。12日以降、このレベルでサポートされる状況が続いている。また、このゾーンではビッドとストップが混在しているため、下方ブレイクすればストップを巻き込み、さらに下落幅が拡大しよう。そのような展開は、再び重要サポートポイント1.3477が視野に入ることを意味する。

一方、上値は1.3600前後の攻防に注目したい。10日MA、21日MA(緑ライン)そしてピボットR2が1.36を挟むかたちで展開している。1.3600-1.3615レベルでのオファーも考えれば、1.36前後は強固なレジスタンスポイントとして意識しておきたい。

Chart point & Order book

レジスタンス

 

サポート

1.3608 ピボットR2、暑いオファー   1.3510 サポートポイント、厚いビッド、下にストップ
1.3602 21日MA、暑いオファー   1.3506 ピボットS2
1.3600 レジスタンスポイント、厚いオファー   1.3500 心理的節目、暑いビッド、下にストップ
1.3573 10日MA   1.3477 2月3日安値、厚いビッド

 

 

ユーロドル1時間足チャート
ユーロドル日足チャート

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • IG証券の金CFD取引

    商品は、ほぼすべての製品の裏側の不可欠要素として、近代経済になくてはならないものです。不安定ながらも価値の高い天然資源が、幅広い取引の世界でどのような位置を占めるのか学んでいきます。

  • 注文とは

    ポジションを保有・清算できるいくつかの方法を学びます。単純な直接取引から、人がいなくても自動で指示を出すような取引までいろいろあります。注文取引により、利益額をあらかじめ設定したり損失額に対してストップをかけたりできます。複数の注文方法を紹介するとともに、利用方法を説明いたします。

  • 「売り」取引とは

    売りポジションの保有から取引をスタートする事により下落市場で利益を得たり、既に保有している金融資産のリスクヘッジを行うことができます。このセクションでは「売り」取引の仕組みについて学びます。