2014 3/13 【IGテクニカル分析】EUR/USD(ユーロドル)

EURUSD 1時間足

EURUSD 1時間足

EURUSD 日足

EURUSD 日足

 

チャートポイント

レジスタンス   サポート
1.3956 ボリンジャー上限(σ2.5)   1.3834 3月11日安値、ビッド
1.3950 オプションバリア、厚いオファー   1.3829 10日MA
1.3919 ボリンジャー上限(σ2.0)   1.3800 断続的なビッド
1.3915 3月7日&12日高値、オファー   1.3770 21日MA

 

Resistance:まずは1.3915-20レベルの突破なるか

RSIでは、買い過熱感シグナルは未だ点灯せず。よって、短期的にはもう一段上値をトライする展開を意識したい。
目先の重要レジスタンスポイントは、1.3915-1.3920ゾーンだろう。オファーが観測されている1.3915は7日&12日高値であり、1.3920前後にはボリンジャーバンド(MA:21、σ2.0)の上限(チャート画像:緑ライン)が推移している。
このレジスタンスゾーンの突破に成功すれば、次の焦点として浮上してくるのは、オプションバリアと厚いオファーが観測されている1.3950レベルの攻防だろう。すぐ上には、ボリンジャーバンド(MA:21、σ2.5)の上限(チャート画像:赤ライン)も推移しており、1.39台における第2のレジスタンスゾーンとして意識しておきたい。

 

Support:目先の焦点は1.38台の維持

サポートラインと並行して推移している21日MA(チャート画像:黄ライン)前後の水準を維持するならば、短期的なユーロ高トレンドは継続しよう(中長期スパンではユーロ安/ドル高トレンドと考えている)。
21日MAを目指す展開となった場合、目先、注目すべきは1.38台の維持だろう。まずは3月11日安値1.3834レベルでの攻防に注目したい。このサポートポイント前後ではビッドが断続的に並んでいる。また、1.3830前後まで上昇してきた10日MA(チャート画像:青ライン)の存在も考えるなら、1.3830台がサポートゾーンとしてユーロドルを下支えする可能性を意識したい。
逆に上記のサポートゾーンを下方ブレイクした場合は、1.3800が次の焦点として浮上しよう。尚、このレベル前後にも断続的にビッドが観測されている。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 一般的なチャート

    アナリストがどのようにチャートを使っているのかを学び、投資家の行動を勉強し市場パターンを理解しましょう。利用可能な様々なチャートの使い方を学習し、チャートが示す価格パターンを確認します。

  • よくある間違い

    金融取引において心理状態は重要な要素であり、どのように取引を理解し反応するかが成功に大きな影響を与えます。ここでは、取引での心理状態についていくつかの要素を紹介し、気を付けるべき一般的な過ちを確認していきます。

  • トレンド

    アナリストがどのようにチャートを使っているのかを学び、投資家の行動を勉強し市場パターンを理解しましょう。利用可能な様々なチャートの使い方を学習し、チャートが示す価格パターンを確認します。