2014 3/18 【IGテクニカル分析】EUR/USD(ユーロドル)

EURUSD 1時間足

ユーロドルチャート

EURUSD 日足

ユーロドルチャート

 

Chart Point

レジスタンス   サポート
1.4006 ボリンジャー上限(σ2.5)   1.3843 3月12日安値
1.4000 心理的節目&厚いオファー   1.3837 リトレースメント50.00%
1.3967 3月13日高値&厚いオファー   1.3806 リトレースメント61.80%
1.3965 ボリンジャー上限(σ2.0)   1.3802 21日MA

 

Resistance 分岐点は1.3967レベル

依然として1.39台を挟む状況が続いているユーロドルだが、モメンタムは下降気味。RSIは買い過熱感シグナルは点灯していないものの、直近の動向から鑑みるに、現在のレベルが上値の限界を示唆しているようにも思える。

さらなる上昇か反落か、分岐点は3月13日高値1.3967レベルとなろう。すぐ下にはボリンジャーバンド(MA:21、σ:2.0)の上限(緑ライン)が推移し、且つ厚いオファーも置かれていることを考えるなら、本日も重要レジスタンスとして意識せざるを得ない。

しかし、レジスタンスとして強固である分、突破した場合はもう一段のユーロ高となろう。その場合、節目の1.4000をトライする展開を想定したい。だが、RSIの動向を考えるなら、上値余地はこのレベルまでか。1.4000下には厚いオファーが観測されており、すぐ上にはσ2.5のボリンジャー上限(赤ライン)も推移している。1.3967レベル以上に強烈なレジスタンスゾーンとして上値が抑えられる可能性があろう。

 

Support:目先の焦点は1.38台の維持

上記レジスタンス、特に1.3967レベルの突破に失敗した場合、1.38台の維持が下値の焦点となろう。目先、1.3840レベルの攻防に注目したい。3月11日以降、このレベルでサポートされる状況が続いているが、3月高安のリトレースメント50.00%もすぐ下に位置しており、1.38台の重要サポートポイントとして意識しておきたい。

1.3840レベルを完全に下方ブレイクした場合、ビッドが観測されている1.3800を視野に入れる展開となろう。テクニカル面で注目されるのは、1.38台へ乗せてきた21日MA(青ライン)だろう。すぐ上には、リトレースメント61.80%が位置している。ボリンジャー中心線でもある21日MAまでの反落ならば、再び上記レジスタンスをトライする可能性が残るだろう。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 取引所と価格

    商品は、ほぼすべての製品の裏側の不可欠要素として、近代経済になくてはならないものです。不安定ながらも価値の高い天然資源が、幅広い取引の世界でどのような位置を占めるのか学んでいきます。

  • 外国為替市場

    世界最大で最も流動性の高い金融市場の仕組みについて理解します。どのように国際通貨が取引されているかをご説明し、ポピュラーマーケットの取引を開始する前に知っておくべき重要ポイントを押さえます。

  • CFDの取引方法

    ここでは、IG証券の取引プラットフォームを紹介し、多様な資産クラスを提供するCFDを有効に取引するための方法について説明いたします。また、ストップ注文やリミット注文などの機能、レバレッジ取引の仕組みについても解説いたします。